ベトナムで行われているAFF NutiFood U19 Cup 2014に参加しているU−19日本代表は9日、U−19ベトナム代表と対戦した。

 U−19オーストラリア代表との初戦に4−3で勝利し、すでに準決勝進出を決めているU−19日本代表は21分、ペナルティーエリア手前からのミドルシュートを決められ、リードを許してしまう。しかし、58分に井手口陽介のシュートで同点に追いつくと、84分には中野雅臣がゴールを奪い逆転に成功した。

 さらにU−19日本代表は、88分にもペナルティーエリア内での一対一を制した金子翔太がシュートを決めて3点目を奪取。その後、PKで1点を失ったものの、試合はそのままタイムアップとなり、3−2で勝利を収めた。

 2連勝でBグループを1位通過したU−19日本代表は、11日に行われる準決勝で、Aグループ2位のU−19タイ代表と対戦する。

【スコア】
U−19日本代表 3−2 U−19ベトナム代表