1996年の日本ダービー馬フサイチコンコルドが繁養先の太田ファームで死亡

ざっくり言うと

  • 日本ダービー馬フサイチコンコルドが、死亡していたことがわかった
  • 6日の放牧中に左後肢を骨折して起き上がれなくなり、8日夕方に死亡
  • 96年のダービーを制覇し、引退後は種牡馬として数々の活躍馬を輩出

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング