バークレイズ銀行、ネット取引に日立の指静脈認証装置を導入

写真拡大

バークレイズ銀行は、ネット取引のセキュリティーを高めるため、指の静脈パターンで認証を行う日立の技術を使った装置を導入する。

「バークレイズ銀行、ネット取引に日立の指静脈認証装置を導入」の写真・リンク付きの記事はこちら

ロンドンに本拠を置く国際金融グループバークレイズ傘下のバークレイズ銀行は9月5日(現地時間)、企業顧客向けインターネット・バンキングのセキュリティーを高めるため、指の静脈パターンで認証を行う生体認証(バイオメトリック)スキャナーの導入を発表した。

この装置は、日立の指静脈認証技術(VeinID)を採用して開発されたものだ。指の皮膚下にある脈管構造パターンを読み取り、詐称に対応する。

この技術はすでにさまざまな国の銀行で使われているが、ホームオフィスやリモートオフィスで使用されるのは初めてとなる。

静脈パターンによる認証は、指紋認証スキャンと比べて、いくつかの点で優位性がある。たとえば、静脈による認証は2秒しかかからない。さらに、他人受入率は0.0001%、本人拒否率は0.01%であり、これらの数字は、通常の指紋スキャナーに勝っている。

また、指紋センサーでは、乾燥肌や、皮膚に付着した老廃物などが読み取りの邪魔になりうるが、VeinIDではこうした影響を受けることはないという。また、指紋センサーでは偽造も可能だが、静脈認証では、血液が流れている生きた生体としての人間の指が必要とされる。

TAG

BiometricsNetBankingSecurityWiredUK

日立の指静脈認証装置「H-1」は、テニスボール程度の大きさだ。バークレイズ銀行のシステムでは、この装置は下部にSIMカードスロットを備えている。

各装置には、近赤外(NIR)LEDとモノクロームCCDカメラセンサーが搭載されている。血液中の赤い色素(ヘモグロビン)がNIRの光を吸収すると、画像に静脈が暗い線として表示される。このパターンが、バークレイズ銀行から送付されたSIMカードに暗号として保存され、ユーザーが次回ログインする際の認証に使用される。生体認証情報が中央データーベースに保存されることはない。

バークレイズ銀行はこれまでも、企業顧客向けに対して、通常のパスワードやセキュリティー質問ではない生体認証技術を提供している。「電話での音声認証」などだ。こうした技術は次第に、一般顧客にも提供されるようになっていくだろう。

TAG

BiometricsNetBankingSecurityWiredUK