2014年USオープンで、第10シードの錦織圭(大会時、11位)は、第14シードのマリン・チリッチ(16位、クロアチア)に、3−6、3−6、3−6のストレートで敗れ、念願のメジャー初制覇はならなかった。

 だが、日本選手として初めてグランドスラムの決勝の舞台に、錦織が立ったことは、日本テニス史上に語り継がれるべき記録であり、その戦いをまぶたに焼き付けた日本人だけでなく世界中の人々の記憶に残っていくことだろう。

「決勝という舞台で、力が出せなかったのは悔しいですね」(錦織)

 準決勝までのふたりのサービスゲームの獲得率は、錦織が89%、チリッチ90%。ただし、サービスエースの数は、チリッチが81本で、錦織の30本を大きく上回っていた。今大会好調のチリッチの高速サーブを、錦織が得意のリターンからどう攻略していくかが決勝のキーポイントだったが、最高時速215kmを記録し、エースを17本叩き込んだチリッチのサーブを、錦織は最後まで崩せなかった。しかもチリッチは、ストローク戦でも仕掛けが早く、いつもならラリーの主導権を握るはずの錦織が後手に回り、凡ミスを30本も犯した。

 また、チリッチとの対戦成績は、錦織が5勝2敗でリードしていたことで、USオープンで初優勝できるかもしれないと意識し過ぎたのか、錦織本来のプレーが出なかった。

「ここまで硬くなったのは久しぶりで、試合に入り込めなかった。正直、(ロジャー・)フェデラーの方が、気持ち的には、やりやすかったかもしれないですね。勝たないといけないというプレッシャーを、自分の中でつくってしまっていた」

 さらに錦織は、初めてのグランドスラムの決勝に、嬉しさと緊張で胸が苦しくなり、なかなか寝付けなかったという。

「気持ちがたかぶるのを、昨日(決勝前日)から抑えられなかったので、今日の試合に入るのもやっぱり容易ではなかった」

 表彰式で錦織は、ティファニー製の準優勝シルバープレートを受け取っても、表情は硬いまま。ロッカールームに戻っても呆然としていた。そんな錦織を、普段は厳しいマイケル・チャンコーチは、「(当初USオープンは、ケガの影響で)希望はなかったが、決勝まで来られたことを評価する」と懸命に励ました。ダンテ・ボッティーニコーチも、「圭は素晴らしい。アメイジング! この調子をキープしていきたいね」と労(ねぎら)った。

 今回のUSオープンで、錦織が「夢の世界だった」と語るグランドスラムの準決勝と決勝を戦った経験は、グランドスラムの頂点を目指す彼にとって、今後の大きな財産となる。ニューヨークで大会最終日まで戦えたことは、来年以降、2週間の長丁場を戦っていく際の道標に、間違いなくなる。

「一番びっくりしているのは、どれだけ体をつくりこめば、決勝に行ける体力ができるのかと思ってやってきて、こうやって実現できたこと。(大会期間中)そんなに問題もなく、しっかり試合ができているというのは、すごく自信になる。ケガを恐れずこれからもやっていきたい」

 加えて、準決勝で第1シードのノバク・ジョコビッチを破り、グランドスラムで初めて世界ナンバーワンを破った日本男子選手となったことは、今後、錦織の自信につながるはずであり、世界の頂点への挑戦にも大きな財産になるはずだ。王者ジョコビッチを破った時に、オールラウンドプレーを披露した錦織は、自分の理想とするプレーができ始めていることよって、より自信を深めている。

「(世界の頂点に)格段に近づいている。一番自信になるのは、(ノバク)・ジョコビッチに競り勝つことができたこと。自分が無理をしないテニスでも、1位の選手に勝てた」

 錦織は、ATPランキングを自己最高の8位に上げると同時に、毎年上位8人しか出場できないATPツアーの最終戦「ワールドツアーファイナルズ」の出場権争い(Race to London)で、10番目から5番目に浮上した。このままシーズン終盤に向けて、好成績をキープしていければ、日本男子選手として初出場できる可能性がある。

「出場に近づけたのは大きいです。まだまだ500(大会)も残っていますし、マスターズ(1000大会)も2個残っているので、そこでしっかり結果を出さないと、8位に入れないと思う。今年の目標に絶対になると思う。(8人に)入りたいですね」

"ビッグ4"の対決でも、トップ10選手の争いでもない、ここ10年では非常に珍しいニューヨークでの決勝だったが、今後は錦織らの世代が台頭していくことで、こういったケースが増えていくだろう。時代が少しずつ動きつつある中で、「またグランドスラムの決勝に戻ってきたい」と、錦織は新たな意欲を燃やしている。

「そんな簡単に来られるところではないことを、十分にわかっている。グランドスラムで活躍することがずっと目標なので、この悔しさを忘れずに、また優勝を目指したい」

 新しい時代の先頭に立つのは、錦織かもしれない。そんなことを予感させる錦織のUSオープン準優勝であった。

神仁司●取材・文 text by Ko Hitoshi