【町工場潜入ツアー開催】未来のものづくりは町工場にある【9/27】

写真拡大

リバネス、すみだ地域ブランド推進協議会、スミファ、そして日刊工業新聞/モノづくり日本会議とともにおくる読者限定イヴェント「WIRED FIELD TRIP」。9月27日は、町工場の深部に迫る工場見学ツアーを開催する。ものづくりスタートアップをドライヴする発見が、きっとある。

「【町工場潜入ツアー開催】未来のものづくりは町工場にある【9/27】」の写真・リンク付きの記事はこちら

アイデアがあるのに、ものづくりの実績がない。ならば3DプリンターでDIYするのではなく、町工場に頼ってみればいいのだ。墨田区にはアイデアをかたちにできる町工場があるし、それらを束ねて地域のもつ資産を生かそうという「エコシステム」が構築されようとしている。

でも町工場って、どんなところ? 何ができるの? 駆け込んだところで、相談にのってくれるの? 悩むより先に、訪れてみればいい。『WIRED』では、そのためのチャンスを、工場見学ツアーというかたちで用意した。

内容:工場見学(浜野製作所金星ゴム工業墨田加工)、トーク、懇親会日時:2014/9/27(土)12:45集合〜20:00頃終了予定募集人数:WIRED読者30名(応募者多数の場合、抽選)参加費:5,000円応募期間:9/19(金)正午まで協力:リバネス、すみだ地域ブランド推進協議会、スミファ、日刊工業新聞/モノづくり日本会議応募:こちらから

「メイカームーヴメントの“次”」を、地域を巻き込んで達成しようというモデルケース、「墨田区“FAB”タウン化計画」。現在発売中の『WIRED』Vol.13の特集でも紹介している、墨田区の町工場を束ねるまちづくりがいま、動き出している。その現場を読者の皆さんと目にする機会として開催するのが、「WIRED FIELD TRIP 墨田区町工場見学ツアー」。11月に予定されている町工場主催の見学ツアー「スミファ」のプレイヴェントとして実施する1日限りのツアーだ。

金属加工の浜野製作所は、深海探査機「江戸っ子1号」の制作などでも知られている。

今回のWIRED FIELD TRIPは、研究プラットフォーム型ヴェンチャーのリバネス、すみだ地域ブランド推進協議会、スミファ、そして、モノづくり日本会議/日刊工業新聞社の4者のサポートを得て実現した。リバネスは、墨田区におけるエコシステムの構築に尽力する存在だし、また、規模や業種の異なる企業1900社が集まり日本のモノづくり環境の課題解決に向け活動するモノづくり日本会議は、少子高齢化、サプライチェーン問題、環境対応、資源・エネルギー問題、若者のモノづくり離れなど日本のモノづくり環境の課題解決に向けてさまざまな取り組みを展開している。

まず工場見学では、一般では見ることのできない工場の深部を目にすることができる。訪れるのは、本誌でも取り上げた3つの町工場。レーザー加工や精密板金加工を得意とする浜野製作所、特殊なゴム加工で知られる金星ゴム工業、プラスチック素材において幅広い加工を手がける墨田加工。いずれもその高い加工技術で、顧客から高い信頼を得ている企業だ。

工場見学のあとには、それら企業の経営者や日刊工業新聞の担当記者を交え、トークショーを開催する。

ものづくりをビジネスにするために。ビジネスをまちに生み出すために。それにはまず、その現場を目撃することから始まる。

WIRED FIELD TRIP:墨田区町工場見学ツアー

内容:工場見学(浜野製作所金星ゴム工業墨田加工)、トーク、懇親会日時:2014/9/27(土)12:45集合〜20:00頃終了予定募集人数:WIRED読者30名(応募者多数の場合、抽選)参加費:5,000円応募期間:9/19(金)正午まで協力:リバネス、すみだ地域ブランド推進協議会、スミファ、日刊工業新聞/モノづくり日本会議応募:こちらから

※ご応募には「WIRED ID」へのご登録が必須となります。
※当選の発表は当選者ご本人様へメールにてご連絡させていただきます。
※当選者ご本人様1名様のご招待とさせていただきます。
※当選権の転売・譲渡は一切お断りいたします。
※半日かかるイヴェントとなります。途中参加・退席は原則行えません。
※一部、カメラ撮影はご遠慮いただく場合がございます。

ゴム加工の金星ゴム工業の専門知識は、さまざまな企業にとってR&D(研究開発)機関としても重宝されている。

雑誌『WIRED』VOL.13
Amazonで購入する>>

墨田区の“FABタウン”計画を特集。「Fashion Decoded:ファッションはテクノロジーを求めている」のほか、ゲリラ豪雨などの異常気象に迫った「おかしな天気」やシェアリング・エコノミーと新しい「信頼」のかたち、tofubeatsの特別寄稿など盛りだくさんの一冊。