「Infinity of Flowers」チームラボ, 2014, インタラクティブデジタルインスタレーション, 音楽: 高橋英明

写真拡大

ウルトラテクノロジスト集団・チームラボがグッチ新宿にて、新作デジタルインスタレーション作品「Infinity of Flowers」を9月13日(土)から9月28日(日)にかけて展示する。

1階の入口のショーウィンドウにある「インタラクティブスクリーン」に映し出され、鑑賞者が花々に触れると、花々が一斉に舞うといった動きを行うようだ。

花の誕生と死滅を、永遠に繰り返し続ける



この作品は、無限に広がる空間により構成された、東京に咲く花々をモチーフにしたインスタレーション作品。

あらかじめ記録された映像を再生するのではなく、コンピュータプログラムによってリアルタイムで作品が描かれ続ける。

花が生まれて成長し、つぼみをつけ、花を咲かせ、やがて散って枯れていく過程を繰り返す──そういった花の誕生と死滅を、永遠に繰り返し続けるデジタルインスタレーションで、各瞬間の絵は二度とみることができないものとなっている。

情報化社会のスペシャリストたちによる高い技術力を用い、日本文化を再構築するチームラボ。

2014年は国内初の大規模個展「チームラボと佐賀 巡る!巡り巡って巡る展」を佐賀県で開催し、国外でもニューヨーク初個展「teamLab: Ultra Subjective Space」を成功させるなど、今後もその勢いは続いていきそうだ。