優勝した「エルレイナ」とモイセエフ日本支社長

写真拡大

アエロフロート・ロシア航空が主催する学生フットサル大会「AEROFLOT ASIA CUP 2014(アエロフロート アジアカップ 2014)」の東京予選が2014年9月7日、東京都江東区のフットサルクラブ東京 豊洲テントドームで開催された。

決勝が行われる香港を目指し、関東大学フットサルリーグに所属する強豪が真剣勝負を繰り広げた。

激しくぶつかり合う真剣勝負

東京をはじめ、ロシア・ウラジオストク、韓国・ソウル、中国・北京と上海の4か国5都市で予選が開催され、大学生フットサルチーム計30チームが予選に参加。勝ち抜いた各都市1チームが香港での決勝ラウンドに駒を進め、表彰式は、アエロフロートがスポンサーになったイングランドの名門サッカークラブ、マンチェスター・ユナイテッドのホームスタジアム「オールド・トラッフォード」で行われるという太っ腹な大会だ。

日本予選は早稲田大「The Words」、東京大「さんぱち先生」、法政大「FC.Desafio」、明治大「GOONY」、慶応大「エルレイナ」、立教大「Diavolo.S.P.F.C」の計6チームが参加した。関東大学フットサルリーグの1部に所属するチームが中心の強豪ぞろいだ。

3チームずつに分かれ、総当たりのグループリーグを実施。来場者300人の応援と、各試合の合間に行われるフットサルリーグ・Fリーグの「SVペスカドーラ町田」専属チアリーディングチーム「Fiore」のパフォーマンスが会場を盛り上げる。

決勝はともに無敗でグループリーグを突破したさんぱち先生(東京大)とエルレイナ(慶応大)が激突。前半、エルレイナが立て続けに3点を奪うと、後半立ち上がりにさんぱち先生が猛攻をしかけて1点を返す。両者譲らず、倒された選手が一時ベンチに下がるほどの激しいぶつかり合いも見られた。まさに真剣勝負だ。

試合は3-1でエルレイナの勝利。表彰式の後、キャプテンの畑佐賢志選手は「世界大会は万全の準備をして臨みたい。優勝してオールド・トラッフォードに行きます!」と笑顔で宣言した。

徳田耕太郎さんのパフォーマンスが会場を盛り上げる

激しい戦いの一方、クイズ大会などのイベントが行われ、ピッチ外は終始なごやかだった。抽選会ではオランダ代表のロビン・ファン・ペルシー選手をはじめ、マンU所属選手のサイン入りグッズがプレゼントされた。

また、フリースタイルフットボールの世界チャンピオンの徳田耕太郎さんが試合前にパフォーマンスを披露。史上最年少で世界制覇を成し遂げた素晴らしいテクニックに会場の拍手は鳴りやまなかった。

主催したアエロフロートのセルゲイ・A・モイセエフ日本支社長は「今回のイベントはマンUのオフィシャルスポンサーになった記念として開催しました。私たちは東アジアのマーケット、特に日本に力を入れています。イベントを通して、世界に飛び立つ若者たちにアエロフロートに注目してもらいたい」と大会のねらいを語った。