栩内香澄美被告の裁判 「第2の愛人」証言で形勢逆転の可能性も

ざっくり言うと

  • ASKA被告とともに逮捕された栩内被告は、裁判で覚せい剤使用を否定している
  • 2回目の尿検査で陰性となり、検察側が劣勢のように報じられている
  • ASKA被告第2の愛人の存在があり、証言次第では形勢逆転するとの見方も

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング