スマートフォン向け電子部品大手6社のうち5社が、第1四半期決算で最終増益または黒字転換を果たし、株式市場でのスマホ関連株の勢いは当面止まりそうにない。そうした中で注目の個別銘柄は何か。「LOVE WHISKY」のハンドルネームでデイトレーダーの先駆けとして独自の投資手法を確立したファイトレードコーポレーション代表取締役・石橋明佳氏が、これから「上がる株」をピックアップした。

 * * *
 金型の精密加工技術に強みを持つ電子部品大手のアルプス電気(東証1部・6770)に上値追いの期待が膨らんでいる。スマホ用カメラのフォーカス部品やスイッチ部品なども手がけており、スマホ関連の一角としても注目される。

 2015年3月期第1四半期決算は、売上高が前年同期比7.4%増、営業利益が同95%増、前年同期は赤字だった純利益は黒字に転換した。株価は、昨年後半に大きく上昇した後、今年に入ってそれなりの調整を挟んだ上で再度盛り返してきている状況のため、上昇余地はまだかなり大きいと見ている。

 スマホ関連銘柄の中で、特に勢いが強いのは、やはりスマホゲーム関連。特にミクシィ(東証マザーズ・2121)の業績拡大はまだまだ続きそうだ。

 2013年10月投入のスマホゲーム『モンスターストライク』の利用者数が7月に全世界で1000万人を突破。同社は、2015年3月期第1四半期発表と同時に中間期予想を上方修正し、売上高は期初予想195億円から330億円へ、営業利益は46億円から130億円へ驚異的な増額を行なった。

 通期は拡大ペースが早過ぎ予測困難で未定としている。株価は上場来高値を更新中だが、LINEゲームとの共同企画も材料視され、上値追いが続くと見る。

※マネーポスト2014年秋号