カウンターの質がカギ…後半から出場の岡崎慎司「今がチャンス」

写真拡大

 キリンチャレンジカップ2014が9日に行われ、日本代表とベネズエラ代表が対戦。アギーレ体制下で代表初招集となった武藤嘉紀が初ゴール、柴崎岳も日本代表初得点を決めたが、ウルグアイ戦に続きミスからの2失点で、2−2の引き分けに終わった。

 後半から出場した岡崎慎司は、意識したプレーについて「個人的には動きを増やしました」とコメント。また、「基本的にマインツでやっている形を出せば良かったので、初めてスタートラインに立ったかなって感じはしています」と語った。

 さらに、日本代表の攻撃に言及した岡崎は、足りない部分に関して「カウンターというか、速攻だと思います」と主張。今後の戦いに向けては「意識的に自分たちが引くことが多いので、どうしても点がほしい時に速攻になる場合があります。今は、そのクオリティを高めるチャンス」と語り、カウンターの質を向上させることが必要だとの考えを示した。

 日本代表を率いるハビエル・アギーレ監督については「真剣勝負にこだわるって感じがある」と印象を口にし、「監督からプレッシャーをガンガン与えられた方が良いと思います。勝たなくちゃいけない状況を作って、その中で速攻を成功させたい」と述べた。