勝利なしに不満の吉田、収穫は「新しい選手がアピールしたこと」

写真拡大

 キリンチャレンジカップ2014が9日に行われ、日本代表とベネズエラ代表が対戦。アギーレ体制下で代表初招集となったFC東京所属のFW武藤嘉紀が初ゴール、鹿島アントラーズ所属のMF柴崎岳も日本代表初得点を決めたが、ウルグアイ戦に続きミスからの2失点で、2−2の引き分けに終わった。

 サウサンプトン所属のDF吉田麻也は試合を振り返り、「一番は勝てなかったことですね。監督はあまり結果は気にしなくていいと言っていましたけど、受け入れがたい引き分けかなって思います」と総括した。

 吉田は、その中でも「新しい選手がアピールしたこと」をポジティブに捉えていると語る。「最初に武藤(嘉紀)が入れた後、多くの選手が前に行く姿勢を出し始めたと思うし、新しい選手も今までいた選手も『自分が』っていう雰囲気が若干出たのは良かったと思います」と新戦力の活躍で流れが変わったことを指摘し、「これでまた競争が激しくなることが自分にとってもベストだと思います」とポジション争いを歓迎した。

 一方、反省点を問われると「ラインコントロールももう少し出来たと思うし、奪われた後のプレスの掛け方ももう少しうまく出来たと思う」と答え、「前線が行って後ろがついてこないとか、ブロック作るなら作るで、行くとき、行かないときをもう少し後ろから声を掛けないといけないと思うし、攻撃の形ももう少し作れたと思います」と課題点を挙げた。

 日本代表は10月にも親善試合を実施。10日に新潟でジャマイカ代表、14日にシンガポールでブラジル代表と対戦する。