キリンチャレンジカップ2014が9日に行われ、日本代表とベネズエラ代表が対戦。アギーレ体制下で代表初招集となった武藤嘉紀と柴崎岳が代表初ゴールを決めたが、ウルグアイ戦に続きミスからの2失点で、2−2の引き分けに終わった。

 試合後、記者団の取材に応じた川島永嗣は、ベネズエラの2得点目について、「手前でブレちゃったんで。完全にミスですね」と明かしており、「若い選手が活躍して、点も取ってくれて、今回自分が逆に結果も含めて足を引っ張ってしまって、本当に申し訳ない」と自身のミスを悔やんでいる。

 また、「前半はちょっと消極的」と試合を振り返った川島は、「後ろ向きだったり、横のパスを取られたりすることが多かった」とするも、「後半はうまく修正できたのかなと思います」とコメント。さらに、「後半、前に行く機動力が出てきて、プレッシャーもうまくはまったところでボールを奪って早く攻撃できていた」とチームを評価。「今日の後半みたいなアグレッシブさだったりとか前に行く強さが出てきたこと」が収穫だったと語った。

 日本代表は、10月10日に新潟でジャマイカ代表、14日にシンガポールでブラジル代表と対戦する。