2万円を切る手ごろなスマートウォッチ 加賀ハイテックが『MYKRONOZ』シリーズ4製品を9月26日から順次発売へ

写真拡大

今夜開催されるアップルの発表会でお披露目されるとウワサの『iWatch』に、ドイツの『IFA 2014』で発表された『LG G Watch R』『Moto 360』など、今年の秋はスマートウォッチが注目を集めそうな気配。いずれも日本での発売は発表されていませんが、2万円から3万円台の価格帯になるのではないでしょうか。そんな中、加賀ハイテックが2万円を切る価格帯のスマートウォッチ『MYKRONOZ』4製品を9月26日から順次発売します。

『MYKRONOZ』は、スイスKRONOZ社が2013年から展開しているスマートウォッチブランド。第1弾製品『ZeBracelet』『ZeWatch』に続いて発売された『ZeFit』『ZeSplash』と、後継製品『ZeBracelet2』『ZeWatch2』の4製品が日本初上陸となります。

ZeSplashZeSplash
ハイエンドモデル『ZeSplash』の価格は1万8990円(税込み)。タッチスクリーンを搭載し、生活防水に対応します。時計機能に加えて、内蔵マイクとスピーカーを使った通話機能、音楽再生、着信時のバイブレーションや着信者表示、紛失防止機能、ボイスレコーダー、ボイスコントロール、歩数計、カロリー測定といった機能が利用できます。Bluetooth 3.0対応のスマートフォンと連携し、iOS6以上、Android 2.3以上のOSに対応。『iPhone』では『Siri』を使った操作もできます。本体カラーはBlack、White、Brown、Yellowの4色。

ZeWatch2ZeBracelet2
『ZeWatch2』『ZeBracelet2』は、側面のボタン操作に対応するモデルで、価格は1万1990円(税込み)。時計機能、通話機能に加えて歩数計、距離測定、カロリー測定、睡眠測定といった活動量計の機能が利用できます。SMS通知、着信時バイブレーション、着信者表示、ボイスコントロール、音楽再生、紛失防止機能も搭載。iOS6以上、Android 4.3以上のスマートフォンに対応。本体カラーは『ZeWatch2』がBlack、Blue、Grey、『ZeBracelet2』がWhite、Black、Rose Goldをラインアップしています。

ZeFit
『ZeFit』は、時計機能以外には活動量計の機能に絞ったモデルで、価格は8990円(税込み)。Bluetooth 4.0対応のスマートフォンと連携し、iOS6以上、Android 4.3以上のOSに対応します。本体カラーはBlack、White、Red、Blue、Turquoise、Yellow、Pink、Orangeの8色をラインアップ。

『MYKRONOZ』製品は9月26日から全国の家電量販店、PCショップ、ウェブショップなどで順次発売を予定しています。