写真提供:マイナビニュース

写真拡大

千葉県浦安市の東京ディズニーディズニーランドで8日、秋の恒例イベント「ディズニー・ハロウィーン」(〜10月31日)が開幕し、全身仮装をしたゲストが多く詰めかけた。

今年は、大ヒットを記録した映画『アナと雪の女王』の仮装が多く見られ、アナ、エルサ、クリストフ、オラフなど『アナ雪』キャラクターでそろえたグループや、親子でオラフに変身したファミリー、アナとエルサの2人組などが存在を放っていた。

『アナ雪』のキャラクターのほかにも、新キャラクターとして、ダッフィーの新しい友達であるネコの男の子"ジェラトーニ"や、12月20日公開の映画『ベイマックス』に登場するケア・ロボット"ベイマックス"になりきる人も現れ、注目を浴びていた。

そして、ワールドバザールで多くのゲストから写真撮影を頼まれていたのが、『美女と野獣』のベルと野獣になりきった2人組。その完成度の高さに「うわ〜!」「すごい!」と、近くを通りかかるゲストから声が上がっていた。

なお、東京ディズニーランドでの全身仮装可能期間は、9月8日〜14日と10月25日〜31日の14日間。この期間は、大人もディズニーキャラクターの全身仮装が楽しめる。全身仮装については制限があるため、東京ディズニーリゾート・オフィシャルウェブサイト参照、もしくは要問い合わせ。