●4人の力でやってみた。

(画像:「普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。」公式Webサイトより)
©小杉光太郎・一迅社/流川市ふるさと振興課
<キャスト>
宇佐美奈々子:伊藤美来
小日向縁:三澤紗千香
三ヶ月ゆい:吉岡麻耶
名都借みらい:水瀬いのり
西深井沙織:下田麻美
野田硝子:井澤詩織
柏葉さつき:井澤美香子
水元美里:津田美波
美原 菫:松井恵理子
太田 貢:室園丈裕
宇佐美達也:飯田利信
宇佐美智子:M・A・O
阿南葵:今井麻美
鶴木つばさ:黒沢ともよ
美馬都:新田恵海
伊勢見りのん:中村繪里子
柏原ゆき:佳村はるか
寺ケ崎あずき:夏川椎菜
黒姫まなみ:深川芹亜

●ストーリー
地方の小都市・流川市に住む女子高生・宇佐美奈々子は市役所に勤務する叔父に懇願され、町おこしを目的とした動物園でのステージショーに出ることとなった。
そこで出会った高校の先輩、小日向縁がステージに出演するという。
縁のアドバイスもあって無事にステージをやり遂げた奈々子は、これをきっかけに縁とコンビで流川市をPRするローカルアイドル(ロコドル)「流川ガールズ」としてイベントやケーブルテレビへの出演などの活動をこなし、市民の血税から生まれた報酬(時給1000円程度)を得るようになる。
●オープニング
宇佐美奈々子「ろこどるフェスタ!って何ですか?」

今度「ろこどるフェスタ」というイベントが開催され、全国TV放送される事になったようです。

西深井沙織「ゆるキャラ運動会の逆バージョンね!」

その「ろこどるフェスタ」で盛り上がる彼女達の話を聞いた魚心くん(名都借みらい)が何故か慌ててます。その理由は、

名都借みらい「(本番一分前!)」
●曲作り
宇佐美奈々子「はぁ、何とか無事に終わりましたね。」

「ろこどるフェスタ」の日は流川市内の仕事もあるみたいですがスケジュールは何とかなりそう。但し、出演の条件として、

西深井沙織「曲を作らないといけないの。」

成り行き上、宇佐美奈々子が作詞、小日向縁が作曲、三ヶ月ゆいが振り付けを考える展開に!しかも、

太田 貢「著作物だから時給以外に印税が出るぞ!100万枚のミリオンヒットだったら…。」
宇佐美奈々子「えっ!こんなに!」

もっとも現実的には100枚程度のようですが…。

※小遣いくらいは出るかも。
●作詞
宇佐美奈々子「一週間も作詞が全く進んでいなくて…。」
名都借みらい「無理に流川市の事を書こうとしていませんか?流川ガールズの歌なので、これまでしてきた事を書いてみては?」
宇佐美奈々子「んっ!なんか書けそう!」

すると10分くらいで作詞が完成するも、

小日向縁「これは使えないと思うわ…。」

※流川ガールズの今までしてきたことを羅列しただけだけのようです。

宇佐美奈々子「縁さん、今日私と付き合ってくれませんか?」
小日向縁「わぁ!」

妙な方向に期待しているような気も…。
●新曲完成!
宇佐美奈々子と小日向縁は流川ガールズを結成してからの思い出話をします。それで時間が過ぎ、終電も無くなり、

宇佐美奈々子「縁さん、泊まって良いですか?」

翌日、遂に作詞が完成!名都借みらいの作詞の手直しもあり、素晴らしい出来に。小日向縁もあっさり作曲、三ヶ月ゆいの振り付けも一瞬で完成するも、

宇佐美奈々子「私が一番のお荷物だったのね…。」

そう言えば、魚心くんソングは誰が作ったのかと言えば、

太田 貢「俺だよ。」

※彼は学生のときにバンドをやっていたようです。

「普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。」、次回もよろしクゥ〜ン♪(佐々木未来さん主演のTVアニメ「しばいぬ子さん」風ですね!)

【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【アニメ】「普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。」第9話「ワガママ言ってみた。」(ネタばれ注意)
【アニメ】「普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。」第8話「勇気をだして、呼んでみた。」(ネタばれ注意)
【アニメ】「普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。」第7話「いろいろ増えてみた。」(ネタばれ注意)
【アニメ】「普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。」第6話「ゆるキャラ集めてみた。」(ネタばれ注意)
【アニメ】「普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。」第5話「ビッグな目標立ててみた。」(ネタばれ注意)

▼外部リンク

「普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。」公式Webサイト