米ツアーのフェデックスカップ・プレーオフ(※)に挑んでいる松山英樹(22歳)。第3戦のBMW選手権(9月4日〜7日/コロラド州)では、通算4アンダー、20位タイでフィニッシュ。フェデックスポイントランキングを28位として、上位30名で争われる第4戦のツアー選手権 by コカ・コーラ(9月11日〜14日/ジョージア州)出場を決めた。

※フェデックスカップとは、米ツアーの各試合の順位に応じて与えられるポイント(フェデックスポイント)によって、年間王者を競うもの。同カップはレギュラーシーズンとプレーオフに分かれていて、レギュラーシーズンの総合ポイントランキング125位以内に入るとプレーオフに進出できる(同時に来季のシード権も獲得)。プレーオフは全4戦で構成され、試合ごとに積算ポイントのランキングによって、出場選手数が制限されていく。2戦目が100名、3戦目が70名、最終戦は30名となる。なお、最終戦ではそれまでの積算ポイントがリセットされ、プレーオフ第3戦を終えた時点でのポイントランキングに応じた持ち点が改めて各選手に与えられる(1位=2500点、2位=2250点、3位=2000点......。28位の松山は230点)。ちなみに、最終戦のポイントは、優勝=2500点、2位=1500点、3位=1000点......。つまり、松山はたとえ優勝しても、ポイント上位の選手が好成績を残した場合、年間王者となるフェデックスカップ(ボーナス賞金1000万ドル=約10億円)を獲得することはできない。

 プレーオフ第2戦のドイツバンク選手権(松山は57位タイ。8月29日〜9月1日/マサチューセッツ州)を終えた時点で、松山のフェデックスランキングは30位だった。最終戦に駒を進めるには、下位選手の躍進を想定し、ある程度上位争いに加わることが求められた。しかし試合直前の松山に気負いはなかった。

「自分なりにがんばって、その結果として(ランキング)30位以内に入れればいい。もしダメだったとしても、この1年間がんばってきた自分を褒めてあげたい」

 ドイツバンク選手権の際には風邪をひいて体調を崩したが、それも完治。顔色がよく、コンディションはかなり良さそうだった。そして実際、松山は絶好のスタートを切った。10番スタートの初日は、いきなりバーディー発進。前半はわずか12パットで3つスコアを伸ばした。後半は硬さが増したグリーンに苦しんだが、トータル1アンダー、暫定13位タイという好位置につけた(雷の影響でサスペンデッドとなった初日。9名の選手がホールアウトできなかった)。

「前半は特にパットがよくて、それでミスをしても踏みとどまれた感じ。後半もミスパットは1回だけ。それ以外は自分の思ったストロークで打てていた。カップ際で切れたり、切れなかったりして外れてしまいましたけど、気にすることはなかった。ほんと、今日はストレスなくラウンドできました。パットが良くなった要因? 練習で自信がついてきたからじゃないですか。すごくいい感じでストロークができているんで」

 2日目もパットが冴えた。ショットはやや乱れていたものの、前半7番では10m近いバーディーパットを沈めるなど、「67」という好スコアを記録。通算4アンダー、首位と4打差の5位タイに浮上した。

「今日もいいパットが入ってくれました。スコアを作る意味では、パットがいちばん大事。この調子を持続して、ショットのフィーリングがよくなってくれば、さらに上に行けると思う」

 しかし3日目、前日まで決まっていたパットが入らず、ひとつスコアを落として15位タイに後退した。この日は、リッキー・ファウラー(25歳/アメリカ)、ヘンリク・ステンソン(38歳/スウェーデン)という人気選手との組み合わせで、メジャー並みのギャラリーが同組に集結。その騒然としたムードの中、松山のパットは微妙な狂いが生じてしまったのかもしれない。

「最初の何ホールかまでは良かったけど、途中からパッティングがおかしくなった。それで、パッティングに不安を持ち始めたことが、ショットにも影響してしまった。パットに関しては、ストローク自体はそんなに悪くなかったと思う。何が悪かったか? 気持ちなのか、何なのか、わからない......」

 大会の順位は落としたとはいえ、フェデックスランキングは3日目を終えて26位。この順位を何としてもキープするために、3日目のラウンド後に松山は2時間半の練習を消化した。

 迎えた最終日、パットの調子は戻っていなかった。14番を終えてスコアをひとつ落とし、刻一刻と変わるフェデックスランキングは31位にまで下がっていた。だが、「このままでは最終戦には進めない」と、ラウンド中にもフェデックスランキングをチェックしていたという松山は勝負を仕掛けた。17番のパー5、ティーショットをバンカーに入れるも、浮島のグリーンに向かって果敢に2オンを狙ったのだ。そして、見事2オンに成功してバーディーを奪うと、18番でもセカンドショットでピン手前2mにつけるスーパーショットを披露。土壇場で連続バーディーを奪って、最終戦への切符を手にした。

「(17番のセカンドは)残り228ヤード。距離的には4番アイアンで届く距離だったし、ライも良くて、(バンカーの)アゴも低かった。ミスしたら自分に力がないだけ、と思って2オンを狙った。いざ打つとなったら、不安な気持ちがよぎったけど、その中でいいショットが打てて良かった」

 松山にとって、最終戦に進むことは今季の目標のひとつだったのだろう。18番でバーディーパットを沈めた瞬間、珍しくガッツポーズを見せ、キャディーと肩を叩き合いながら喜びを爆発させた。

「今大会、30位以内に入ることは半分諦めて臨んでいた。でも、いざ追い込まれると、『(30位圏外に落ちるのは)絶対に嫌だ』と思ってがんばりました。これで、来季のメジャー出場(全米プロ以外)が確定したことは、本当に大きいです。

 振り返ってみれば、今季はザ・メモリアルトーナメント(5月29日〜6月1日/オハイオ州)を勝ってから、自分の思ったとおりのパット、スイングができなくて、どんどんストレスがたまっていった。これではダメだ、ダメだって、ずっと自分にダメだしばかりしていた。そうした状況にあって、最後の最後でここまで粘れたのはすごく価値があると思います。

『こんなゴルフで30位以内に入っていいのかな』という思いはありますが、これも1年間がんばったご褒美だと思いたい。その分、最終戦では楽しんでプレイしたいですね。優勝できればもちろんいいですけど、まずは自分で納得できるプレイをすることが大事。これから先につながるゴルフができれば、たとえ最下位(30位)に終わっても、すごくうれしいと思います」

 米ツアー初優勝を飾って以降、厳しい表情ばかり見せていた松山だが、この日はメディア対応でも照れくさそうに安堵の笑みを見せた。最終戦出場を決めたことで、ツアー優勝者としての責任というか、自ら抱えてしまった重荷をやっと下ろせたのかもしれない。最後には何か吹っ切れたかのように、「まだスイングは納得できるものじゃない。でもね、今はもういいんですよ(笑)」と、再び相好を崩した松山。そのリラックスした表情を見て、ツアー選手権が楽しみになった。

武川玲子●協力 cooperation by Takekawa Reiko
text by Sportiva