写真提供:マイナビニュース

写真拡大

マンダムはこのほど、10代〜40代の女性を対象に実施した「女性の願望」に関する調査結果を発表した。調査は6月に行われ、有効回答数は675名。

○女性の5割に「プリンセス願望」アリ

調査ではまず、「プリンセスに憧れることはありますか?」と質問したところ、およそ半数(48.6%)の女性が「ある」と回答した。年代別で見てみると、「ある」と回答した割合が最も多かったのは「15〜19歳(60.7%)」で6割、以下20歳〜34歳までは過半数に達する結果に。「夢見る若い世代ほど「プリンセスに憧れる!」と回答する人が多い」と同社。さらに、「40〜44歳」で33.0%、「45〜49歳」で41.6%と、アラフォー以降でも3人に1人がプリンセス願望を抱いていることが明らかとなった。

○憧れのプリンセス1は「シンデレラ」

次に、プリンセスになれるとしたら、どんなプリンセスになりたいか教えてもらったところ、堂々の1位は「シンデレラ(41.2%)」だった。2位には「美女と野獣のベル(30.5%)」、3位は「眠れる森の美女のオーロラ姫(26.8%)」がランクインし、フリーアンサーでは、「ラプンツェル」が多く挙がった。おとぎ話しの姫が上位に並ぶ中、「実在する王室・皇室のプリンセス(24.4%)」に憧れる女性も多かった。

夢の世界にも現実にもさまざまなプリンセスが存在するが、「プリンセスに必要な要素は何か」と尋ねた結果、ズバリ「美貌(61.6%)」がTOPだった。次いで「知識・教養(52.9%)」「笑顔(51.4%)」「純粋で優しい性格(45.6%)」「人望(41.2%)」といった項目が並んだ。

○プリンセス気分に浸るには…。

どんな時にプリンセス気分に浸りたいかという質問では、「日常生活に疲れた時」が最多で、現実逃避的にプリンセスに憧れる女性が多いことがわかった。では、プリンセス気分に浸るためにやることについて教えてもらったところ、「エステやマッサージなどのサロンを利用する」と「雰囲気の良いホテルや飲食店を利用する」が24.1%で同率1位となった。

以下多い順に「特別な入浴剤を使う(23.1%)」「ネイルや美容院などの美容サロンを利用する(20.6%)」「特別なボディケア化粧品を使う(20.3%)」「特別なスキンケア化粧品を使う(20.3%)」と続いた。「普段より少しリッチで優雅なひととき…プリンセス気分は、自分の美しさを磨くことで得られるようです」と調査ではコメントしている。

(アリウープ)