写真提供:マイナビニュース

写真拡大

千葉県浦安市の東京ディズニーリゾートで8日、秋の恒例イベント「ディズニー・ハロウィーン」(〜10月31日)が開幕し、東京ディズニーシーでは2つの新しいハロウィーンのショーがお披露目された。本記事では写真100枚と共に2つのショーの魅力を紹介する。

○1920年代のアメリカンカルチャーをテーマにした「ニューヨーク・ハロウィーン・フォリーズ」

1920年代のファッションを身にまとったディズニーの仲間とスケルトンたちが、音楽やダンス、ファッションを楽しむハロウィーンパーティーを繰り広げる「ニューヨーク・ハロウィーン・フォリーズ」。ディズニーの仲間たちが、さまざまなパフォーマンスを披露し、ゲストも一緒になってスケルトンダンスを踊って楽しむ。

○スケルトンとゲストが友情を深める「ウェルカム・スケルトン・フレンズ」

「ウェルカム・スケルトン・フレンズ」は、ゲストともっと仲良くなりたいスケルトンたちが、ディズニーの仲間たちの力を借りてゲストと友情を深めるハロウィーンイベント。スケルトンの言葉と人間の言葉を教えあったり、ゲストも巻き込んで歌や踊りを楽しんだり、ミッキーたちの協力によって、スケルトンとゲストが一緒に楽しい時間を過ごす。