オーガニックコットンを知っていますか?

写真拡大 (全12枚)

 豊島は、全国の10代〜60代の男女1,000人に「オーガニックコットンに関するアンケート調査」を実施した。

 調査の結果、オーガニックコットンを知っている人は64.2%で、広く知られていることが判明した。使用しているオーガニックコットン製品としては、洋服、肌着・下着、タオル、ベビー服などが多数を占め、肌に直接ふれるモノにオーガニックコットンを選ぶ人が多いようだ。

 オーガニックは環境に良いという事を知っているか聞いたところ、73%の人が認識しており、多くの人がオーガニックの意味を理解しており、オーガニックのイメージについては、約7割の人がカラダに良い、品質が良い、などのイメージが挙げられた。オーガニックの商品を使っていると回答した人は約8割で、環境のことを考えてオーガニックの商品を選んでいる人が多数だった。また、全体の約5割の人が、多少金額が高くてもカラダや環境に良いオーガニック商品を選ぶと回答した。

 環境保全やボランティアなど社会貢献活動に参加しているか聞いたところ、「参加している」と回答した人は約7割で、社会貢献活動に参加しことがない人でも、88.9%の人が参加したいと回答している。また、参加する意識はあるが「時間がない」「機会がない」といった、参加したいが参加できない声もあがっている。

 最後に、1か月に使う洋服の代金を聞いたところ、2,000円〜5,000円が35.4%と最も多かった。