もし一生「おひとりさま」の場合、どんなマネーリスクがあるの?

私、このまま一生独身かも。そんなふうに思ったことはありますか? 編集部にも「おそらく自分は一生独身になると思っているけれど、そうなったときにどれくらいのお金が必要なのかわからない。今はただがむしゃらにお金を貯めているけど、具体的な金額がわからないから気分的に落ち着かない」(27歳/正社員/手取り月収14万円)という悩みが届きました。

ほかにも、「結婚するつもりがなく、今の給与が上がらないと思うと老後の生活資金が不安」(30歳/正社員/手取り月収15万円)、「いい人がいたらすぐに結婚したいけど、もし一生結婚しない場合、今のお金で足りるのか心配」(28歳/正社員/手取り月収22万円)といった声が集まり、“おひとりさま”を続ける場合の生活を不安視している女子は多いよう。。

編集部 先生、今回は、「おひとりさまが考えておくべきマネーリスク」を教えてください。いちばんの不安は「老後資金」だという読者が多いのですが、いくらぐらい貯蓄が必要なのでしょうか。相談者の中には、「65歳までに1,500万円貯めたい」と具体的な金額を出している人もいます。

大竹のり子(以下、大竹) 結論から言うと、1,500万円は鋭い金額です。これはシングル女性が65歳まで働き、90歳まで生きると仮定したときに“最低限”の衣食住を確保するために必要な額。逆に言えば、この額を貯めておかないとピンチだと思ったほうがいいです。

編集部 この1,500万円という金額は、どのように算出されたものですか?

大竹 総務省の「家計調査報告(家計収支編)」(平成25年平均速報結果の概況)によると、シングルの高齢無職世帯の1カ月の平均収入が約12万3,000円、支出は約15万7,000円。つまり、毎月約3万4,000円の赤字になるわけです。それを65〜90歳の老後26年で換算すると、3万4,000円×12カ月×26年=1,061万円の赤字に。ただ、人は生活していれば、病気や介護、家のリフォームや賃貸の更新料、冠婚葬祭費などイレギュラーな出費が必ず出てくるもの。そこで、万が一に備えて赤字分の1,061万円より300〜400万円はプラスで貯めておきたい。そう考えると、やはり1,500万円は必要最低限の金額になります。

編集部 あくまでギリギリの老後資金だということですね。

次ページ>「老後までに貯めておきたい金額」を知る方法