嵐が全国をジャック!ハワイコンサートをなんと209館でライブ中継
<ジャニヲタ歴20年・みきーるのJ-ウォッチ>

「ナマ」お好きですか?

 生ビール、生パスタ、生チョコレート、生キャラメル、生絞りグレープフルーツサワー……。「ナマ」が付くだけで、いかにもヌルッとした鮮度のよさが感じられる気がします。「ナマ」、つまり「ライブ」がキライ! という人は、あまり見かけません。

 さて、いよいよ9月19、20日(日本時間20、21日)にハワイ・コオリナリゾートで嵐の15周年記念コンサートが開催されます。

 このコンサートは、2日間で計3万人の動員を見込んでおり、日本発のオフィシャルツアーの募集もありました。しかしながら、「休みが取れない」、「ツアー代が高くて無理」、「家族が許してくれない」、「抽選にハズレた」など、さまざまな理由で参加を見送ったファンが山ほどいるのが現状です。

◆留守番ヲタに朗報! 嵐ハワイコンサートをライブ中継

 留守番組は、早くも国内の嵐ツアーに狙いを定めたり、事前販売されたハワイのグッズを買ったりして気をなだめていましたが、そこへ思わぬ朗報が舞い込みました。それは、ライブビューイング!

 これなら「19、20日(日本時間20、21日)は、寺で滝にでも打たれてこよう」と思っていたヲタも、ガバッと飛び起きようというもの。

 同じ場所にいられずとも、同じ時を共有できるのは、かなりの救済措置といえましょう。

 とても行きたかった公演に、どうしても行けなかったとき、ヲタはあの手この手で無聊をなぐさめます。

 開演時間に合わせてDVDを観始めたり、セットリストと同じラインナップで曲を聴いてみたり、会場にグッズだけ買いに行ってみたり……。

 なんでしょう、「彼女にはなれなくても、見てるだけならいいよね?」的な、リリカルな気持ちで動きがち。

 そんな、いじましいヲタフィールドに射したひとすじの光がライブビューイングなのです。

 くだんのイベント「ARASHI BLAST in Hawaiiライブビューイング」は、9月20日(土)、21日(日)の各日12時30分〜、TOHOシネマズを中心とした全国209の映画館で開催が決まりました。

「映画館だし、どんなノリで観たらいいの?」という心配もあるかと思います。
他アーティストのライブビューイングの例で言うと、ライブ会場と同様に盛り上がることが多い模様。中継が入ったり、嵐から「日本のみなさーん!」みたいな呼びかけがあったら、歓声を上げてもいいように思います。

 ただ、各会場の雰囲気にもよると思うので、ペンライトやうちわは様子を見て使うのがよさそう。マナーよく、熱くあったかく楽しめたらいいですね。

 異国の地でがんばる嵐とつながるライブビューイング。当日は、劇場のスクリーンが魔法の鏡に思えるかもしれません。

※「ARASHI BLAST in Hawaiiライブビューイング」のチケットは4800円。

<TEXT/みきーる ILLUSTRATION/二平瑞樹>

【みきーる】
編集者&ライター。出版社勤務を経て、2000年に独立。ふだんは『週刊アスキー』などパソコン誌や女性誌、ウェブサイトで編集・執筆。著作に『ジャニヲタあるある』『ジャニヲタあるある フレッシュ』『ジャニヲタ談話室!』など(イラストはいずれも二平瑞樹)。ジャニヲタ歴は、約20年。KinKi Kidsの担当に始まり、現在はグループを問わず応援する“事務所担”。mixiコミュニティ“ジャニーズチケットお見合い処”管理人。Twitterアカウント:@mikiru