大迫勇也、アギーレジャパン初得点に意欲「やっぱり1番はゴール」

写真拡大

 日本代表は8日、キリンチャレンジカップ2014に向けた合宿8日目の練習を横浜市内で行った。

 ハビエル・アギーレ監督から指導された点を明かしているケルン所属のFW大迫勇也は「前の選手は結構動き出しとかは言われるから、このタイミングで動いてほしいとか」と話しており、さらに、「しっかり守備して取った時にうまく攻撃につなげていくっていうのが、たぶんチームとしての1つの形」と、チームとしてのカウンタ−への意識を明らかにしている。

 また、5日に行われたウルグアイ戦でも見られたロングボールについては、「距離感を大事にさえすれば、うまくはまるのかなと思います」と好印象で、「3トップだし、取った後の距離感が大事だと思います」と語っている。

 さらに、「まあやっぱり1番はゴールなんで、前の選手は。ゴールに向かうプレーを増やしていければチームとしても勢いづくと思うから。その役割も1トップはあると思うんで」と、アギーレ監督新体制での初ゴールへの意欲を語った。

 日本代表は9日に横浜で行われる親善試合で、ベネズエラ代表と対戦する。