台湾で話題のポストロックバンド・既視感 国内対バンツアー開始!

写真拡大

台湾で注目のポストロックバンド・既視感が、9月から日本でのライブツアーを敢行する。

既視感は2012年に台湾で結成された、Bass・阿司(ツカサ)、Guitar・小天(テンテン)、Guitar・宅男(ヲタク)、Drummer・板神(ハンシン)の4人編成による、ポストロック・インストゥルメンタルバンド。

台北で行われる台湾最大級のフェス「Beastie Rockフェス(巨獸搖滾音楽祭)」への出演のほか、台湾国内をめぐるロックイベント「台湾暴走」にも登場。

また台湾国内にとどまらず、香港で開催された「CityU Band Society Annual Performance 2014」にも出演するなど、海外でも精力的な活動を見せ始めている。

ポストロックやフュージョンなど、様々なスタイルを取り入れた幻想的なサウンドによって、混沌と透明の二面性が絶妙なバランスを持つ世界観を展開する演奏をこの機会に生で感じてほしい。