ベネズエラ戦に意欲のFW柿谷曜一朗「反省するよりチャレンジしたい」

写真拡大

 日本代表は8日、キリンチャレンジカップ2014に向けた合宿8日目の練習を横浜市内で行った。

 記者団の取材でバーゼル所属のFW柿谷曜一朗は、「ウルグアイの試合のことと、向こう(ベネズエラ代表)のことはまた明日確認すると思いますけど」と、ミーティングで0−2で敗戦したウルグアイ戦を振り返ったと明かしており、柿谷は同試合から「自分的には反省するより、もっとチャレンジした方がいいと思うから」と前向きに語っている。

 チャレンジとは具体的に何かと問われると「チームとしてもっといろんなことができていけばいいかなと思います」とコメント。単調な攻撃の形を反省している様子で、「得点が入らなかったのは事実なんで、ゴールシーンを沢山増やせるように攻撃の選手がいい連携で、ゴール前に迫れれば」と次戦に意気込んでいる。また、ウルグアイ戦では左サイドでプレーした柿谷は、「ポジションはどこでもやることは一緒なんで、特にポジションに囚われずにやれればいい」と、どのポジションにも意欲を見せている。

 また髪の毛を切った様子で、記者に問われると「はい、切りました。今日」と明かしている。さらに、スイスでの話しになり変化はあったかとの問いには、「何も変わってないです。英語が喋れるようになったくらいです(笑)」とコメントした。

 日本代表は、9日に行われるキリンチャレンジカップ2014で、ベネズエラ代表と対戦する。