「産経ニュース」のスクリーンショット

写真拡大

産経新聞のWeb版ニュースサイトがリニューアルし、これまで「MSN産経ニュース」として共同運営してきたMSNから独立する予定であることが発表された。

「MSN産経ニュース」から「産経ニュース」へ


産経新聞は2007年から「MSN産経ニュース」として、マイクロソフトが運営するポータルサイト「MSN(The Microsoft Network)」でニュースを配信していた。

産経新聞は、紙版の発行部数は1日210万部ほどで、1日1000万部を超える読売新聞や朝日新聞などの最大手と大きく引き離されていたが、ネット上では他の新聞社と比べても遜色ないほどの影響力を持っていた。

10月1日からは「産経ニュース」として独立し、URLも変更となる。過去の記事は既にある程度移行されている。

「msn」プレビュー版のスクリーンショット

「msn」プレビュー版のスクリーンショット



今回の独立は、MSN側が全世界的にサイトをリニューアルすることに伴ったものだという。MSNの新しいサイトのプレビュー版も公開されており、今後は一社提携という形ではなく複数社からの配信記事を扱っていくという。

オピニオンサイト「iRONNA」始動!


「iRONNA」のロゴ

「iRONNA」のロゴ



10月1日には「産経ニュース」が正式オープンすることに合わせ、ユーザーに寄稿や議論の場を提供する総合オピニオンサイト「iRONNA」もサービス開始となる。


「iRONNA」では、国内の各出版社と提携することによって可能になった豊富な雑誌記事や論文を掲載、著名ブロガーのブログ、産経新聞論説委員やユーザー等による寄稿など、「オピニオン・解説」に絞った多彩なコンテンツを掲載します。
「iRONNA」Webサイトより



と書かれており、LINE株式会社が運営するBLOGOSのようなサイトで、雑誌や論文からも転載しながら展開されるのではないかと予想されている。