乙武洋匡氏

写真拡大

全米オープンテニス錦織圭が決勝進出を果たしたことを受け、作家の乙武洋匡氏が7日、Twitterで報道に疑問を呈した。

乙武氏はTwitterで「錦織圭選手の快挙は、たしかに凄い」とコメント。しかし、続けて「でも、周囲がヒートアップするほど、『なぜ、国枝慎吾選手はそこまで騒がれないのだろう』と疑問に感じる。ちなみに、国枝選手は今季、グランドスラム(四大会)制覇に王手をかけている。」と投稿し、報道の在り方に疑問を呈した。


国枝慎吾は、テニスの車いす部門で世界的に活躍する選手。これまで2008年の北京・2012年のロンドンとパラリンピックで2大会連続シングルス金メダルを獲得している他、グランドスラム(世界4大大会)で世界最多勝記録を誇る。

乙武氏の投稿から明けて翌8日、国枝はニューヨークで行われた全米オープンテニス・男子シングルス決勝で勝利し、2011年大会以来5度目の優勝を飾った。6日にはフランスのステファン・ウデとのダブルスでも優勝を果たしており、単複で2冠となった。今季は全豪オープンで単複優勝、全仏オープンではシングルス優勝、ウィンブルドンではダブルスで優勝している。

【関連記事】
野球評論家・張本勲氏、錦織圭がジョコビッチに勝利した理由を力説 「シャツを白にしたことですよ」
チア、車いすテニス、四足歩行 世界で活躍の最強日本人選手