写真提供:マイナビニュース

写真拡大

内閣府大臣官房政府広報室はこのほど、平成26年度の「国民生活に関する世論調査」の調査をとりまとめ発表した。

去年と比べた生活の向上感や満足度について尋ねた「現在の生活について」の調査結果について発表している。

まず、生活は去年の今頃と比べてどうか尋ねたところ、「向上している」は6.0%、「同じようなもの」は72.9%、「低下している」は20.9%だった。前回調査(平成25年6月調査結果)と比較すると「同じようなもの」(77.8%→72.9%)の割合が低下し、「低下している」(16.8%→20.9%)の割合が上昇している。

性別に見ると、「同じようなもの」と答えた割合は男性が、「低下している」と答えた割合は女性がそれぞれ高い。性・年齢別に見ると、「同じようなもの」と答えた割合は男性の20歳代から40歳代で、「低下している」と答えた割合は男性と女性の60歳代、70歳以上で高くなっている。

全体として、現在の生活にどの程度満足しているか尋ねたところ、「満足」は70.3%(「満足している」が9.5%、「まあ満足している」が60.8%)、「不満」は29.0%(「やや不満だ」が23.0%、「不満だ」が5.9%)だった。年齢別に見ると「満足」の割合は20歳代と70歳以上、「不満」の割合は50歳代がそれぞれ高くなっている。

性・年齢別に見ると、「満足」の割合は男女の20歳代と70歳以上で、「不満」の割合は男女の50歳代が高い。職業別に見ると「満足」の割合は管理・専門技術・事務職で、「不満」の割合は販売・サービス・保安職、生産・輸送・建設・労務職が高い傾向にある。

(フォルサ)