あなたは、「朝活」という言葉を耳にしたことがありますか。

写真拡大 (全5枚)

 アンケートサイト「Qzoo」を運営するゲインは、同サービス会員を対象に「朝活についての調査」を実施し、500人から回答を得た。

 まず、「朝活」という言葉を知っているかどうか聞いたところ、「知っている」と回答したのは39.8%(199人)で、「知らない」と回答したのは60.2%(301人)だった。男女別で見ると、女性の方が「知っている」という回答の割合が高く、また、年代別では、20代30代の若年層で「知らない」という回答の割合が高くなっている。また、現在朝活をしているかどうか聞いたところ、「している」と回答したのは10.8%(54人)で、「していない」と回答したのは89.2%(446人)だった。朝活を「している」と回答した人に、その内容を尋ねたところ、「ランニングやジョギング、ウォーキング」が全体の59.3%で最も多く、次いで「フィットネスクラブ・ジム・ヨガスタジオに通う」が16.7%だった。また、朝活を「していない」と回答した446人に対し、朝活に興味があるかどうかを聞いたところ、「興味がある」と回答したのは29.6%(132人)で、全体の3割に満たない結果となった。

 朝活を「している」人と「していない」人に、朝活を「している」理由と「していない」理由についてそれぞれに聞いてみたところ、朝活を「している」理由は、「「朝活」するとすがすがしい気持ちで一日をスタートできるから」が59.3%で最も多く、次いで、「朝の時間を有効に活用したいから」が46.3%だった。朝活を「していない」理由は、「朝早く起きるのが辛いから」が37.4%で最も多く、「「朝活」している時間がない・スケジュールが合わないから」が34.8%と続いている。

 朝活をしていると回答した54名に対し、朝活への不満について尋ねたところ、「不満に思っていることはない」が27.8%で最も多く、「朝早く起きるのが辛い」(25.9%)や「長く続けているとマンネリ化してしまう」(20.4%)が上位となった。なお、これからも朝活を続けたいかどうか聞いたところ、「続けたい」が98.1%(53人)、「やめたい」と回答したのは1.9%(1人)だった。また、朝活をしていないと回答した446名に対しては、朝活を行うことでどのような効果が得られたら魅力的だと思うかを聞いてみたところ、1位が「すがすがしい気持ちで一日をスタートできる」(33.9%)、2位が「朝の時間を有効に活用できる」(28.9%)、3位が「美容・健康増進につながる」(25.8%)となり、上位3位については、朝活実践者が朝活をしている理由の上位3位と同様の結果となった。この質問の後に、朝活実践についての意向を尋ねたところ、朝活を「してみたい」と回答したのは43.9%(196人)で、「したくない」と回答したのは56.1%(250人)だった。