写真提供:マイナビニュース

写真拡大

千葉県浦安市の東京ディズニーリゾートで8日、秋の人気イベント「ディズニー・ハロウィーン」(〜10月31日)が開幕し、東京ディズニーランドでは、仮装したディズニーの仲間たちが登場するパレード「ハッピーハロウィーンハーベスト」が行われ、待ちわびていたゲストたちが一緒に振り付けを踊って楽しんだ。

2年目となる「ハッピーハロウィーンハーベスト」は、"ハロウィーン・フェア"をテーマに、仮装したディズニーの仲間たちが、おばけやパンプキンたちと繰り広げるパレード。登場する7台のフロートは、"ハロウィーン・フェア"のユニークな出展ブースがモチーフになっている。

先頭は、ドナルドがバンドリーダーを務める音楽団のフロート。続いて、デイジーやクラリスが、ハロウィーンスウィーツショップのフロートに乗って現れ、3台目は、グーフィー、マックスたちがハロウィーンゲームを楽しんでいるフロートが登場した。そして、パンプキンハウスのフロートに乗ったミッキーとプルートの姿が見えると、「ミッキー!」と歓声が上がった。

ミッキーたちに続き、5台目の巨大かぼちゃを創り出すラボラトリーのフロートには、チップとデール、スティッチたちが乗り、"くまのプーさんと仲間たちのピクニック広場"をテーマにしたフロートでは、プーさんやティガーたちが登場。最後は、パンプキンガールズが踊るレビューシアターのフロートに乗ってミニーが登場し、華やかなフィナーレとなった。

なお、パレードは途中で停止し、音楽に合わせて、ディズニーの仲間たちやダンサーたちが踊る場面も。さらに、出演者が「ゴースト!」と言ったらゲストが「キャー!」など掛け声とポーズで応えるハーベストゲームも行われ、パレードが始まる前に覚えた振り付けを踊ってゲストも一緒に盛り上がった。