© 2014 Disney

写真拡大

9月6日より全国2館での上映&オンデマンド配信が始まった映画『ザ・マペッツ2/ワールド・ツアー』。シネマイクスピアリでは公開初日イベントが行われました。マペッツファンが集ったイベントの様子をレポートします。

この記事の完全版を見る【動画・画像付き】

■マペッツファンが集まった初日イベント

『ザ・マペッツ』と『ザ・マペッツ2/ワールド・ツアー』の2本立て上映、さらにトークショーが行われた初日イベント。チケットは早くから完売し、マペッツグッズを身に付けたファンが集まる大盛況のイベントとなりました。

トークショーには漫画家・イラストレーターの花くまゆうさくさんと、映画解説者の中井圭さんが登場。

前作『ザ・マペッツ』でマペッツファンになったというお二人による軽快なトークが繰り広げられました。

■マペッツの魅力は「表情がないところ」

中井さんが挙げたマペッツの魅力は「表情がないところ」。

キャラクターに表情がないマペッツですが、観客がその表情を解釈していくところがマペッツの面白さのひとつとなっています。

「表情は変わらないのに、シーンによって様々な感情が見える」と花くまさん。

また中井さんは、『ザ・マペッツ』に登場するジャック・ブラックは顔芸を得意とする俳優であり、表情が変わらないマペッツと表情で笑いをとるジャック・ブラックの対比が面白さを増していると指摘しました。

■はじめての人には『ザ・マペッツ』からの鑑賞がおすすめ

『ザ・マペッツ』と『ザ・マペッツ2/ワールド・ツアー』の2本立て上映を提案した花くまさん。『ザ・マペッツ』の完成度の高さに触れ、何も知らなくても入っていけるこの作品から観ることをおすすめしていました。

『ザ・マペッツ』の最後のシーンは「映画の魔法」にかかる瞬間。一生解けない魔法がある映画が『ザ・マペッツ』だと評しました。

1作目は人間とマペットそれぞれの物語で、はじめての観客も入りやすい作り。2作目はマペッツ中心の物語へと変わっています。

■劇場公開を実現させたマペッツ愛

客席からウォルト・ディズニー・ジャパンの安藤さんも登場。

『ザ・マペッツ2/ワールド・ツアー』を劇場公開まで導いた立役者です。

マペッツのために立ち上がり、危うくDVDのみの発売になりかけていた今作を救った安藤さん。他にもシネマイクスピアリの杉山さんなど、マペッツを愛する人たちの尽力に大きな拍手がおくられました。

ここで、今おすすめの作品、9月13日(土)公開の『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』も紹介。

『ザ・マペッツ』のウォルターに近いストーリーだと言い、マペッツファンなら『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』も好きになるはずと大盛り上がりでした。

■一番人気のキャラクターは……ウォルター!

シネマイクスピアリで行われている「君の推しマペはどのキャラクター? 『第一回ザ・マペッツ総選挙』」。

劇場入口の投票コーナーで好きなキャラクター“推しマペ”にシールを貼っていき、一番人気のキャラクターを決めるという大変アナログかつゆるい総選挙です。

イベントでは、初日17時までの途中結果が発表されました。

1位を獲得したのはウォルター。カーミットを超えた得票に会場からはどよめきが起こりました。

残りのキャラクターは順当といったリアクションの会場でしたが、ザ・マペッツ総選挙はシネマイクスピアリ上映期間中続きます。大逆転劇が見られるかも……。

『ザ・マペッツ2/ワールド・ツアー』はシネマイクスピアリ、イオンシネマむさし村山の全国2館で上映中。

オンデマンドでの配信も行われています。