今季初Vをプレーオフシリーズで挙げたホーシェル(Photo by Jamie Squire/Getty Images)

写真拡大

BMW選手権 最終日◇7日◇チェリーヒルズCC(7,352ヤード・パー70)>
 コロラド州にあるチェリーヒルズCCで開催された米国男子プレーオフシリーズ第3戦「BMW選手権」の最終日。首位から出たビリー・ホーシェル(米国)は3バーディ・2ボギーの“69”でラウンド。スコアを1つ伸ばしトータル14アンダーで逃げ切り今季初優勝を挙げた。
松山の順位は?「BME選手権」のリーダーズボード!
 ホーシェルは出だしの1番でバーディを奪うと、続く2番ではボギーと出入りの激しい立ち上がりに。3番ではスコアを戻すが、6番パー3ではボギーを叩くと、続く7番でまた取り返し、なんとかスコアを1つ伸ばして折り返す。後半は我慢のゴルフでスコアカード通りにまとめ、昨年の「チューリッヒ・クラシック・オブ・ニューオリンズ」以来となるツアー通算2勝目を勝ち取った。
 2打差の2位にはバッバ・ワトソン(米国)、3打差の3位にはこの日7つスコアを伸ばす猛チャージをみせたモーガン・ホフマン(米国)が入った。世界ランク首位のローリー・マキロイ(北アイルランド)はトータル8アンダー8位タイで競技を終えた。
 松山英樹はこの日スコアを1つ伸ばしトータル4アンダー20位タイでフィニッシュ。ポイントランキングは前週の30位から27位まで上がり、30位以内で出場権が獲得できる最終戦「ツアー選手権」への切符を手にした。
【最終結果】
優勝:ビリー・ホーシェル(-14)
2位:バッバ・ワトソン(-12)
3位:モーガン・ホフマン(-11)
4位T:ジム・フューリク(-9)
4位T:リッキー・ファウラー(-9)
4位T:セルヒオ・ガルシア(-9)
4位T:ライアン・パーマー(-9)
8位T:アダム・スコット(-8)
8位T:ジョーダン・スピース(-8)
8位T:ローリー・マキロイ(-8)
20位T:松山英樹(-4)他2名
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連リンク】
日本ツアーに出てほしい海外選手は誰!?
最新のギア情報と試打レポートをチェック!
通算100名以上!ゴルフ美人が大集合