9月7日に幕張メッセで開催された『東京ランウェイ』にて、「ナチュラルとうふ」を持ってランウェイを歩く、モデルの石田ニコルさんと浦浜アリサさん   Photo:DOL

写真拡大

「ザクとうふ」でガンダム好きな30〜40代男性を虜にし、豆腐界の常識を覆した相模屋が、また新たな革命を起こそうとしている。なんと今度は“女子専用とうふ”を発売したのだ。

“女の子のためのおとうふ”というキャッチフレーズで8月末に発売された商品の名前は「マスカルポーネのようなナチュラルとうふ」。まるで乳製品かと思える濃厚なクリーム感の豆腐に、オリーブオイルをかけてスプーンで食べるというものだ。

 今回、相模屋がターゲットに定めたのは、20〜34歳の女性層。情報感度が高く、新しいトレンドにも敏感な彼女たちは、消費意欲が旺盛だが、これまで「豆腐の購買層としては最も弱い層」と位置付けられてきた。購買層のメインは、彼女たちより上の世代の主婦層だ。そこで、最も攻略すべき層でありながら、「完全にブルーオーシャン!」(相模屋談)だとして、今回の“女子専用とうふ”開発に至ったという。

 発売にあたり、女子専用であることをより強くアピールするため、なんと豆腐屋なのにかの有名な日本最大級のファッションショー、神戸コレクションと東京ランウェイに登場。人気モデルが豆腐とは思えないそのパッケージをおしゃれにランウェイを歩く姿は衝撃的だった。

 もちろん20〜30代前半の女性たちも豆腐を無視して生きてきたわけではない。彼女たちは、「痩せる」という目的のために豆腐を日常生活に取り入れてきた。事実、クックパッドが行った「ダイエットに関するアンケート」(2014年4月22日〜28日実施)によると、「ダイエットで注目している食材」のトップに「豆腐」が選ばれている。

 しかし、「痩せる」という目的のために食べていたのであって、「おいしいから」食べていたわけではないのではないか…。そんなところに目をつけたのが、同社の鳥越淳司社長だった。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)