ゲームランキング
そろそろ目と鼻の水分が増えてくる今日この頃。メディアクリエイト発表の【週間ソフト・ハードセルスルーランキング】によれば、該当週のセールスランキングの最上位には、前週に続きカプコンの新作「モンスターハンター:ワールド」(PS4)がついた。「モンスターハンター」シリーズの最新作で、プレイヤーは新大陸の調査団の一員として、モンスターの調査と狩りを行う。舞台はエリア同士が連続的につながっており、画面の切り替えは無い。これまでのシリーズと比べてプレイヤーのアクションやシステム的な表現方法も色々と変更(簡易化)されており、遊びやすい内容となっている。マルチでのオンラインプレイにも対応。発売3週目に突入したが、単週でも16万本近くのセールスをあげて大きな成果を出している。感想も国内外を併せポジティブなものが多い。
第2位はコーエーテクモゲームスの新作「真・三國無双8」(PS4)。ちぎっては投げなアクション格闘ゲーム「無双」シリーズの「三国志」の世界を舞台にした「三國無双」最新作。今作ではオープンワールドでの展開となり、よりダイナミックな世界での、地形をフルに活用した戦いが楽しめる。また、敵の状態に応じて変幻自在な立ち回りが可能な新アクション「ステートコンボ」機能の実装もポイント。初週感想は高安まちまち。処理速度が今二つ、ストーリーに起伏感が乏しい、コンピューター側のAIに難があるなど厳しい感想が多い。

第3位はバンダイナムコエンターテインメントの新作「ソードアート・オンライン フェイタル・バレット」(PS4)。「ソードアート・オンライン」、いわゆるSAOのゲーム化タイトル最新作で、今作ではTPS(サードパーソン・シューティングゲーム)の要素も併せ持つRPGとなる。プレイヤーはサポートAI「アファシス」とともに銃と鋼鉄の世界「ガンゲイル・オンライン」内に乗り込み、世界の流れに翻弄されていくことになる。初週感想は高安まちまち。システム的に作りこみが足りないとの意見が多い。

第4位は任天堂の新作「スプラトゥーン2」(Nintendo Switch)。多人数同時参加によるプレーも可能なアクションペイントゲーム「スプラトゥーン」の続編で、シンプルなルールながらも多様な遊び方が楽しめる。今作では協力プレイの「サーモンラン」、一人でじっくりとプレイする「ヒーローモード」なども実装されている。発売は昨年の7月だが、いまだに上位陣に居るあたり、底力を覚えさせる。単週で2万本を超えるセールスを計上し、順位は前週の第3位と同じという健闘ぶり。

今回計測週もトップは「モンスターハンター:ワールド」。国外の反応もすこぶるよく、口コミが相乗効果を呼んでいる。この勢いはまだまだ続くだろう。