●ジョナサン

(画像:「AT-X」公式Webサイトより)
©glasslip project
<キャスト>
深水透子:深川芹亜
高山やなぎ:早見沙織
永宮幸:種田梨沙
沖倉駆:逢坂良太
井美雪哉:島信長
白崎祐:山下大輝
深水陽菜:東山奈央
深水健:木下浩之
深水真理:高橋理恵子
白崎百:茅野愛衣
白崎又三郎:西村知道
沖倉利尋:高田裕司
沖倉美和子:田中敦子

●ストーリー
ガラス工房を営む一家の娘・深水透子は、友人の家にあるカフェ「カゼミチ」を友人たちとの憩いの場所にしている。
高校3年の夏休み、彼女たちの前に現れた転校生の少年・沖倉 駆は、透子に、自分には未来の声が聴こえると語りかける。
もし、あらかじめ未来を知ることができるのなら、自分は何を望むのだろう?
感じたことのない動揺を覚えながらも、透子は胸の中に、放っておけない感情が生まれていることに気が付く...。
●オープニング
永宮幸「月が綺麗。」

夏目漱石の「夢十夜」に因んで彼女が言った言葉。それは深水透子と白崎祐に対してですが…。

※その言葉の真意は?
●新しく変わる
深水透子「今日のご飯は何だろな?」

彼女にもどこか心躍るところがあるようです。

深水陽菜「やなぎさん、新しく変わるんだって!」

※高山やなぎの何が変わるのでしょうか?

永宮幸も新しく変わる、そのきっかけが先日の出来事。

沖倉駆も未来が聞こえなくなったのは、

沖倉駆「必要が無くなったから?」
●訪問
沖倉駆「永宮幸、住んでいるところ、教えて欲しい。」

白崎祐から聞き出して永宮幸の家を訪問する沖倉駆。

沖倉駆「きらきらしたものの正体、教えてくれないか?」

永宮幸もその事に対しては正確に答えられないものの、彼の本心は永宮幸の事を狙っているから。そう考えるのが自然なようです。

一方、深水透子は沖倉駆の家を訪問するも出てきたのは、

沖倉美和子「あら、駆のお友達?」

明らかに彼女の当初の狙いとは異なるものの、妙に話が弾みます。
●真夏の雪
当初の目的が果たされなかった深水透子は諦めて帰ります。

深水透子「見る事が無かった私の風景!」

彼女の視界に広がったガラス玉越しの風景、それは何を意味するのでしょうか?

深水透子「雪!」

真夏に降るわけが無い雪、それが見えた彼女。それは現実世界では無いはず。ジョナサン(にわとり)が見当たらず、彼女は学校に入るとそこに沖倉駆がいました。

深水透子「私が見えるのは未来じゃないかも知れない。」

それでは彼女に見えたものは一体…。

彼から出た回答はキス!少なくとも彼女が見た風景の一つは本当の未来だったようです。

「グラスリップ」、次回もよろしクゥ〜ン♪(佐々木未来さん主演のTVアニメ「しばいぬ子さん」風ですね!)

【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【アニメ】「グラスリップ」第9話「夢十夜」(ネタばれ注意)
【アニメ】「グラスリップ」第8話「普段はこんな事しないんだけど」(ネタばれ注意)
【アニメ】「グラスリップ」第7話「5時半の君」(ネタばれ注意)
【アニメ】「グラスリップ」第6話「ファーストキス」(ネタばれ注意)
【アニメ】「グラスリップ」第5話「予想外の告白」(ネタばれ注意)

▼外部リンク

「グラスリップ」TVアニメ公式Webサイト
「グラスリップ」AT-X公式Webサイト