■子供用PCに入れる、学習用PCソフトを色々と探してみたゾ

前回、子供の教育用のPCを仕立てたFURUですが、実は子供が2人居ます。

※「電脳教育王への道」・・・中古PCをカスタマイズして小学生の子ども向けに組み上げたいっ! (41)
http://getnews.jp/archives/650657

という事は教育用のPCが2台必要です。共用は、兄弟げんかになるので無理!

そこで、同じ機種を追加で入手する事にしました。有り難い事に、まだなんとか在庫があった様です。

余分なWindows8のライセンスは1つしか無かったので、2台目のwindows8については、『通常版』を買わざるを得ません。思わぬ出費となりました。

41QmpRjc+hL._SL500_AA300_

お店から入手したPCを一旦DtoDでリカバリしました。

その後、旧OSが起動したPCから、Windows8のOSのディスクを挿入して、setup.exeを実行してみようとすると・・・!

「WindowsXP及びWindows VistaのOSからは通常版のWindows8のディスクは実行出来ない」との旨のエラーメッセージが出ました。

「旧OS上でWindows8のディスクからインストール出来るのはWindows7からだけ」なんですね。

sャ

「へー、そうなんだー。」

…そうなんです。OSのディスクから直接ブートして新規インストールするしかない様です。

まあ、別に上書き新規インストールしても大勢に影響は無いんですけどね。

とりあえず、サクサクとOSのインストールを進めて行きます。

そして、2台目の子供用PCが仕立て終わりました。

●1台目(上の子)のPCにはソースネクスト『超ホーダイ』

1台目の子供用PC(上の子用のPC)には、既にソースネクストの『家族間で使いホーダイ』である、年額ソフトウェア利用サービス『超ホーダイ』の子供用PCソフトが一式入っております。

https://www.sourcenext.com/houdai/

wwャ

タッチタイピングを学ぶ為の、『特打』シリーズ。『超字幕』では字幕を見ながら、英語の勉強。『メキメキ算数伝説』で算数を勉強して、『メキカン』で漢字を覚える事が出来ます。

『小学校英単語300』もありますね。って小学校で英単語300も覚えるの?

今どきの子供、大変だねー!

…『家族間で使いホーダイ』なら、2台目の子供様のPCにも同じソフトを入れれば良いのかな、と思ったのですが、良く調べてみると『家族間で使いホーダイ』とは書いてありますが、実は「同じソフトを複数台のPCに同時にインストール出来る」という意味ではありません。

大半のソフトは1台1本限りなのです。(一部ソフトは複数台、もしくは無制限でインストール出来る物もあります。)

『超ホーダイ』のサービス自体は素晴らしいだけに、今回の様に各々の子供用のPCでそれぞれ使えないのは、ちょっと残念ですね。

http://sourcenext.force.com/faq50search/faq?id=CY-30410

キャプチャ

更に、上の子は来年から4年生なので、以下のソフトも入れる事にしました。4年から6年まで全教科で約2000円強ですので、これはお得かな。

小学4・5・6年学習ゲーム ガーディーズ 新学習指導要領対応版
http://www.gakugei.co.jp/products/guardies/

キャプチャ

さて、要するに2台目の子供用PCは基本的には別途学習ソフトを別途探して、あらためて入れてあげる必要がある、という事になる訳です。

wweャ

「でもそれって、ちょっとお高いのでは?」

…もう子供の教育のIT化は、乗りかかった船です。最初から乗らなきゃ良かったのですが、記事ネタの為に勝手に乗ってしまった船なので、下船出来ません。

●2台目PC用の学習ソフトを探して三千里

検索サイトで、「小学生 学習 ソフト」で検索して見ると…。

「あれ?意外と子供用ソフトが無いぞ?」

…そうなんです。今回調べて分かった事ですが、現在、いわゆるパッケージソフトとして小学生用学習ソフトを販売している所は、現在、ほとんど有りません。

昔はもうちょっと色々有った様な気がしたのですが……オンラインのweb通信教育の方向性にシフトしているのかも。

ほぼ一択と言っても良さそうなソフトが、(株)がくげい の ランドセルシリーズ。

http://www.gakugei.co.jp/products/rando/

ddャ

流石に、今時というか、Windowsタブレットに対応している様ですね。

下の子は来年には小学校に入学するので、

※この記事はガジェ通ウェブライターの「FURU」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?