『なぜ世界でいま、「ハゲ」がクールなのか』(講談社+α新書)

写真拡大

 ハゲと言えば、一般的にはモテない男の象徴として扱われている。事実、AGAメンズ品川スキンクリニックが女性1200人に「気になる男性の見た目」を聞いた調査結果によると、20代女性の35.5%が「薄毛」と答えており、「肥満」「肌荒れ」「むだ毛」を抑えてトップとなった。どんなイケメンでもハゲになってしまえば台無しだ。そんな恐怖があってか、ハゲに悩む男性が世に絶えることはない。

 しかし、そんなハゲが世界で人気急上昇中らしい。アマゾン、ゴールドマン・サックス、マイクロソフト、ゼネラル・エレクトリック(GE)など名だたる企業の社長がハゲであり、ハゲこそが「クール」だという気運が高まっているというのだ。しかも、ハゲのほうがリーダーシップのポテンシャルが高いとみなされるという研究結果まであるという。ハゲに悩んでいる男性には、まさに朗報である。

『なぜ世界でいま、「ハゲ」がクールなのか』(講談社+α新書)では、こうしたハゲを巡る世界の最前線を克明にレポートしている。題名からしてトンデモ本のようにも思えるが、筆者の福本容子氏は毎日新聞論説委員であり、テレビのコメンテーターとしても活躍する立派な識者。海外での豊富な取材経験で得た見知をふんだんに盛り込み、「ハゲがクールである」という自説を205ページに渡って展開している。

 ただ、最初に断わっておかなければならないのは、この本はハゲにある決断を迫っていることである。それは、「ハゲた頭を剃り、坊主になれ」ということだ。

 社会学者、アルバート・マンズ氏の主張はこうだ。一般的な男性は薄毛を隠そうとしたり、植毛をしようとしたりする。しかし、「それが一般的であるからこそ、あえて頭髪をそり落とし、潔く活力の喪失を世間にさらす男性は、自力で執着を断わった強い男、活力のある、支配力のある男という印象を与える――」という。

 さらに、552人を対象に「フサフサ」「薄くなりかけ」「坊主頭」の印象を調査したところ、支配力、自信の有無、男らしさ、リーダーシップの分野で「坊主頭」が最も高い数値を示した。ちなみに、一番低かったのは「薄くなりかけ」である。

 確かにハゲを無理に隠そうとしたバーコード頭やバレバレのカツラよりは、ハゲを認めて潔く坊主頭にするほうが断然に男らしい。しかも、髪がフサフサしていた時より印象がよくなるというのだから、坊主にしない手はない。福本氏も「抜けていく一方の髪が気になって仕方なくて、何かしたいという人であれば、頭髪を剃ってしまうのが、いい」と本書のなかで、何度も読者を説得しようと試みる。

 ところで福本氏は、何故こんなにもハゲに執着するのだろうか。本書によると、元通商担当の欧州委員で現在は世界貿易機関(WTO)の事務局長を務めるパスカル・ラミー氏と出会ったことがきっかけだったという。ラミー氏は福本氏が「ハゲている男の人って素敵だったんだ」と思った最初の人で、ダボス会議で見かけた時のことを、「手には、テイクアウトのコーヒー。そしてハンチング帽がキマっていた。髪の毛がないから余計に決まっていた」と興奮気味に振り返っている。

 さらに、本著では和歌山県在住の弁護士・藤井幹雄氏と、日本銀行元理事・堀井昭成氏の"イケてるハゲ"2人にインタビューを敢行。メガネ、ネクタイ、ストール、帽子など福本氏が考えるハゲに似合うファッション指南まで語られている。

 ここまでくると、「ただ単に福本氏が "ハゲフェチ"なだけなのでは?」と疑いたくなってしまうが、そこはさすがに毎日新聞論説委員。ハゲをしっかり社会問題に接続するあたりが、ジャーナリストたる所以だ。本書にはこう綴られている。

「失われていく髪の毛を数えないで、自分が持っているもの、自分にしかないものに目を向けたら、外見上も内面的にも、もっと魅力的になれるはず、と強く信じている。(中略)むしろ乏しさを強みに変える――。そう、日本の企業や経済全般にも言えないだろうか」

 つまり、「ハゲを強みに変える=丸坊主のお洒落ハゲになる」という発想は、日本の企業や経済にも適応できるということである。さらに、「高齢化や人口減少も同じ」だと福本氏は主張している。

「今までの発想で、年金や医療にかかる費用と財源のことを考えたら、確かに暗くなりそう。でも、高齢化は全く新しい技術や市場を生む起爆剤や刺激にだってなる。せっかく日本が高齢化で世界の最先端を走っているのだから、それを強みに使わない手はない。この市場で成功すれば、これから高齢化社会の仲間入りをしてくる世界中の国々に、先端モデルをどんどん売り込んでいけるのである」

 ハゲを考えることが社会問題を考えることに繋がるとは、ハゲの奥深さにつくづく感心させられるばかりだ。

 ところで私がハゲの成功者として第一に思い付くのがソフトバンクの孫正義社長だが、孫社長は髪の後退を指摘する、あるTwitterユーザーのコメントに、「髪の毛が後退しているのではない。私が前進しているのである」と返したことがある。

 今、日本に必要なのはハゲを後退ではなく前進と捉え直すクールな発想の転換なのかもしれない。小倉さんもカツラを脱いで、スキンヘッドにしてみたらどうでしょう。
(宮崎智之)