行楽の秋を前に、日帰りや一泊程度の旅行にでかけようとプランを練るときに、路線バスの旅を選択する人が増えている。「バスジャパン」編集長の加藤佳一さんも「身近な移動手段、新たな足としての魅力が再発見されています。路線バスの旅をしていると、仕事をリタイアされた団塊の世代や若いカップルの姿をよく見かけるようになりました」と変化を感じている。

 路線バスの旅は、はっきりいって効率が悪い。渋滞などで鉄道のように時間きっかりに移動できず、乗り継ぎに数十分、ときには数時間も待たねばならないこともある。自動車を運転して移動する方が小回りもききなにかと便利だと、路線バスは選択肢から外されるのが常だった。ところが、約10年前から風向きが変わってきた。

「武蔵野市のコミュニティバス『ムーバス』の成功をきっかけに、全国の自治体が次々とコミュニティバスを導入しました。地下鉄の新しい路線は、改札口が地下深いために上下に大きく移動しなければなりませんが、バスは高齢者でも利用しやすい路面交通です。そして、小さな路地のある住宅街のなかも移動してくれます。利用者から、移動の足としてバスが見直されるようになりました。

 そして、2001年のバス事業への新規参入自由化をきっかけに、既存のバス会社が企業努力を重ね、バスが便利になりました。たとえば、以前は珍しかった一日乗車券が増えています。鎌倉や金沢、高山のように『小京都』と呼ばれるような観光地のほとんどで町歩きとからめたバスの一日乗車券があり、多くの観光客が利用しています。利用者から見直されたことと、バス会社の努力のタイミングがちょうど重なったといえます」(前出・加藤さん)

 バス会社は、そのときどきに流行するプチ旅行にあわせた使いやすい乗車券を開発している。山ガールという名前が定着したように山登りが注目を浴びると、登山道へのアクセスがしやすい一日乗車券を販売。京急や東武のように鉄道会社も経営する場合は、往復乗車券と三浦半島や日光などの路線バスを組み合わせたフリー乗車券を発売している。

 路線バスの旅への関心の高まりは、テレビ番組増加にも顕著にあらわれている。なかでも、太川陽介と蛭子能収が路線バスを乗り継いで目的地を目指す『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』は、不定期放送ながら視聴率も高く、DVD販売も好調だ。

「1980年代から『そこが知りたい』(TBS)という番組の名物企画で『各駅停車路線バスの旅』がありましたが、最近のようにいくつも番組がある状態ではありませんでした。でも、ここ数年は路線バスの旅であることを全面に押し出したものがいくつもあります。

『火曜サプライズ』(日本テレビ)では柳沢慎吾さんと京本政樹さんが都バスに乗って町歩きをしていましたし、イケメン俳優が全国の路線バスを乗り継いで旅をする『のんびりゆったり 路線バスの旅』(NHK)もあります。最近では、太川陽介さんと蛭子能収さんの路線バスの旅が有名ですね。興味が高まっているところにテレビから魅力を伝えられ、バス会社の努力で便利になった路線バスの旅に出かける人が増えていると思います」(前出・加藤さん)

 これらのテレビ番組は出演者の新たな魅力を引き出し、とんでもなくわがままな蛭子さんたちをまとめて旅をする太川陽介は9月8日に初の著作『ルイルイ仕切り術 人生も会社も路線バスの旅も成功に導く40のツボ』(小学館)を発売するほどだ。ふらっと気軽に出かけられる路線バスの旅だが、天候や交通事情によって時間通りにいかないのがやはり悩みの種だ。だが、最近ではスマホやケータイを利用することで解消できる問題になった。

「路線やバス停、時刻表などネットでほとんど調べられるようになっています。運行状況もリアルタイムで分かるバス会社も多くなり、とても便利です。事前に時刻表や路線図とにらめっこしなくても、旅先で調べながら移動できます。もし無駄なく動けなくても、時間あわせに予想外の店に入ったりするのも楽しいものです。自分で車を運転するのも便利ですが、路線バスの旅なら昼からビールを飲めますよ(笑)」(前出・加藤さん)

 路線バスの旅のように、ゆっくりと移動そのものも楽しレジャーが、今後ますます人気を集めそうだ。