今年の女子アマ女王の蛭田みな美がベストアマを狙う(撮影:ALBA)

写真拡大

<ゴルフ5レディスプロゴルフトーナメント 2日目◇6日◇みずなみカントリー倶楽部(6,520ヤード・パー72)>
 岐阜県のみずなみカントリー倶楽部で開催中の国内女子ツアー「ゴルフ5レディスプロゴルフトーナメント」2日目。共に16位タイからスタートしたアマチュアの森田遥と蛭田みな美が今日も共に3つ伸ばし、トータル5アンダーと同スコアで最終日を迎える。

 前半ホールインワンになりそうになったり、6番ではカラーからバーディを奪ったりと大爆発を予感させた蛭田。しかし「ショットが本調子ではないので…」と後半スコアを伸ばせず4バーディ・1ボギーのラウンドとなった。
 それでも久々の予選通過に「ロングパットが入ってくれて良かった。通過できて本当に良かったです」と笑顔を見せた。森田とベストアマを競うことになるが「森田さんは上手いので私はベストを尽くせれば良いと思います」。この日訪れた7000人を越える大歓声にも「悪いプレッシャーは無かったです」と蛭田。明日も周りを気にせず自分のゴルフを貫く構えだ。
 一方の森田は2番でボギー先行。「ショックを受けた」という滑り出しだったが、直後の3番でバーディ。「これで流れがよくなった」とその後は連続バーディを含む3バーディを奪ってフィニッシュ。「欲を言えばあと2つは伸ばせた」と悔やむ“69”で2日目を終えた。
 8月末にリンパを腫らした影響により久々のラウンドとなっている森田。昨日のラウンドで筋肉痛になったと言い「久しぶりにゴルフで筋肉痛になりました(笑)。ふくらはぎです」と100パーセントの状態でのプレーは出来なかったが、本調子でないまでも少しずつドライバーの距離も戻ってきた。「とりあえず明日が最後なので」と最終日は、今ある力を振り絞り攻めの一日にしていく。
 なお今大会規定により、同スコアの場合はベストアマは両名が受賞となる。
<ゴルフ情報ALBA.Net>