写真提供:マイナビニュース

写真拡大

新たにVシネマとして生まれ変わった特撮作品『宇宙刑事シャリバンNEXT GENERATION』と『宇宙刑事シャイダーNEXT GENERATION』の劇中BGMを手がけ、「宇宙刑事」シリーズの音楽世界を作り上げた作曲家・渡辺宙明氏による、「宇宙刑事」シリーズの音楽を語る動画「宇宙刑事 NEXT GENERATIONの音楽の世界」が、日本コロンビアのYouTube公式アカウントにて公開された。

メタルヒーローシリーズの音楽の礎を築き、今なおファンに愛され続ける「宇宙刑事」シリーズの音楽世界を作り上げた渡辺宙明氏は、CBC(中部日本放送)のラジオドラマ『アトムボーイ』の音楽でプロデビューし、東映の特撮作品『人造人間キカイダー』(1972年)や『宇宙刑事ギャバン』(1982年)の音楽を手がけている。パワフルなブラスの響きとパンチの効いたリズムを持ち味としており、特撮音楽の第一人者として知られている。

89歳を迎えながらも創作意欲に溢れた渡辺氏は、両Vシネマの新主題歌となる「宇宙刑事 NEXT GENERATION」をはじめ、劇中BGMを新たに作曲。公開された「宇宙刑事 NEXT GENERATIONの音楽の世界」では、「宇宙刑事」シリーズの音楽がさまざまな視点で語られていくとともに、89歳とは思えない渡辺氏の元気な姿を見ることができる。公開日程は9月5日〜10月17日までの毎週金曜日で、全7回。

なお、新主題歌「宇宙刑事 NEXT GENERATION」のフルサイズや、「宇宙刑事」シリーズの全主題歌・挿入歌をニューミックス・リマスタリングして収録したCD『宇宙刑事シリーズ ソングコレクション〜FOR NEXT GENERATION〜』は10月22日発売で、価格は3,240円。そして『宇宙刑事シャリバンNEXT GENERATION』のBlu-ray&DVDは10月10日、『宇宙刑事シャイダーNEXT GENERATION』のBlu-ray&DVDは11月7日に発売される。価格は、Blu-ray(初回生産限定)が9,504円、Blu-ray(通常版)が5,940円、DVD(通常版)が4,860円。

(C)2014 東映ビデオ・テレビ朝日・日本コロムビア・東映AG・東映