ウルグアイ相手に存在感見せた皆川「ワールドクラスを肌で感じた」

写真拡大

 日本代表は6日、キリンチャレンジカップ2014に向けた合宿6日目の練習を札幌市内で行った。

 前日にハビエル・アギーレ新体制の初陣で、ウルグアイ代表に0−2と完封負けを喫した日本代表。試合から一夜明けた練習は、ファンにも公開されて22人の全選手が参加した。

 代表戦デビューを飾ったサンフレッチェ広島所属のFW皆川佑介は「機会があればですけど、また出たい気持ちがありますし、結果を残したい気持ちは強くあります」と早速ベネズエラ戦への出場をアピールすると、「体の強さだったり、体の当て方、駆け引きはワールドクラスだと思いますし、肌で感じられた。Jリーグクラスではなかなか味わえない経験だった」と語った。

 さらに、ウルグアイ戦で外した決定機を振り返ると「ワンチャンスをモノにできれば今後も(監督の)選択肢に入ってくると思うんで、もっとアピールするだけです」とリベンジに燃えた。

 日本代表は同日に移動し、9日に横浜で行われるキリンチャレンジカップ2014でベネズエラ代表と対戦する。