アンカーでの起用に意欲を見せる森重「新しい挑戦で発見があった」

写真拡大

 日本代表は6日、キリンチャレンジカップ2014に向けた合宿6日目の練習を札幌市内で行った。

 前日にハビエル・アギーレ新体制の初陣で、ウルグアイ代表に0−2と完封負けを喫した日本代表。試合から一夜明けた練習は、ファンにも公開されて22人の全選手が参加した。

 同試合、アンカーのポジションで先発出場したFC東京所属の森重真人は「新しい挑戦でしたけど、試合を通していろんな発見がありましたし、楽しんでやれた部分もありました。まだまだ経験値を上げないといけないと思った部分もありましたし、これからじゃないですか」とこれまでと異なるポジションでの起用に意欲を見せた。

 練習中にはアギーレ監督が選手に声をかける場面もあり、森重は「足の状態だったり、試合はどうだったかを聞かれた」と明かした。

 森重は改めて試合を振り返り、「まずは自分らのミスからの失点をなくさないといけない。それをやってからいろんな戦術だったりもある思うんで、そこはみんなで責任感を持って、自分らのミスをなくすってことはやっていきたいと思います」と語った。

 日本代表は同日に移動し、9日に横浜で行われるキリンチャレンジカップ2014でベネズエラ代表と対戦する。