<ゴルフ5レディスプロゴルフトーナメント 2日目◇6日◇みずなみカントリー倶楽部(6,520ヤード・パー72)>
  岐阜県のみずなみカントリー倶楽部で開催中の国内女子ツアー「ゴルフ5レディスプロゴルフトーナメント」2日目。単独首位から発進した大山志保が自己ベストを更新する9バーディ・ノーボギーの“63”でラウンド。混戦から一気に飛び出した。

 最終組でスタートした大山は2番、3番と連続バーディで最高の滑り出しを見せた。しかし7番では完璧なセカンドショットでぴたりと1メートルのバーディチャンスにつけるもこれを外し天を仰ぐ。この絶好のバーディチャンスを外し嫌な空気となるも「この距離ならいつもは入る。悪いイメージを消そう」とピンを刺すギリギリまで外した距離の素振りを繰り返し悪いイメージを振り払った。次の8番では前が詰まっており20分ほど間隔が空いたことも奏功し、「8番のティグリーンに立ったときには切り替えられていました」と。そしてその後の9番できっちりバーディを奪い、フロントナインを3つ伸ばして折り返した。
 バックナインでは、すぐの10番でバーディ先行させると12番では手前のカラーからチップインバーディを奪い「今日一番大きかった」というガッツポーズが炸裂。するとそこから3連続バーディ。さらに16、17番でも2連続バーディを奪い自己ベストスコア更新とともに2010年の上原彩子に並ぶトーナメントコースレコードタイをマークし2位以下を大きく突き放した。
 この日、自己ベストスコア更新した大山だが、“ゾーンに入った”という感覚はなかったという。「普通に楽しく回っていたら9アンダーなんだという感じ」。それでも今はショット、アプローチ、パターの全てが調子が良く「今までにない感じ」。それが大山なりの“ゾーン”なのかもしれない。
 調子だけでなく、自分のプレーに集中できていた。途中でスコアボードが目に入っても「誰かが伸ばしているのは分かったけど、今大会は自分のスコアを伸ばすことだけに集中しよう」。今まではボードを確認し、「スコアを落としたくない」や2位との差を考えたりしていた大山だが、今回はあくまで自分のプレーに注力し、それが奏功した。
 明日も他の選手は気にせず攻め抜く構えの大山。今日のビッグスコアで、2003年の「ミズノクラシック」でアニカ・ソレンスタム(米国)が記録した54ホールの最少ストローク“192(トータル24アンダー)”も見えたが、「記録は気にせず戦います」とのこと。
 そんな大山は1つだけ決めていることがあるという。それはたとえ優勝できたとしても“最後で変な終わり方をしない”と。そんな終わり方にこだわる大山。明日の最終18番では納得の終わり方で今大会一番大きいガッツポーズを炸裂させる。
<ゴルフ情報ALBA.Net>