【10/10、WIRED CONFERENCE 2014に登場】北欧発の自転車ブランド「Biomega」が起こす、都市設計のパラダイムシフト

写真拡大

【『WIRED』主催「WIRED CONFERENCE 2014」への登壇決定!】デンマーク・コペンハーゲンに拠点を置くブランドBiomega。彼らは、自転車で都市の交通にパラダイムシフトを起こそうとしている。イノヴェイションとデザインシンキング、そして都市のライフスタイルを、バイクデザインと都市機能にもたらすのだ。Biomegaの創業者イェンス・マーティン・スキブステッドにその哲学を訊いた。(雑誌『WIRED』VOL.12より転載)

「【10/10、WIRED CONFERENCE 2014に登場】北欧発の自転車ブランド「Biomega」が起こす、都市設計のパラダイムシフト」の写真・リンク付きの記事はこちら

イェンス・マーティン・スキブステッド | JENS MARTIN SKIBSTED
デンマーク・コペンハーゲンの自転車ブランドBiomegaの創業者でありデザイナー。1998年に起業。建築家ビャルケ・インゲルス、インダストリアル・デザイナーのラース・ラーセンの3人でデザイントリオKiBiSiを結成し、家具やヘッドフォンなどのデザインも手がけている。

登壇決定! 北欧発、バイシクル・シティのつくりかた

10月10日(金)開催が決定した、都市の未来を考える「WIRED CONFERENCE 2014」。今年のテーマは「未来の都市を考える TOKYOを再インストールせよ」。テクノロジーの視点から“未来の東京”“未来の都市”のあり方をとらえるべく、本記事のイェンス・マーティン・スキブステッドや、デンマークの気鋭建築家ビャルケ・インゲルス、WIRED初代編集長のケヴィン・ケリーら豪華な面々が登壇する。お申し込みはお早めに!

──自転車デザインをはじめた理由は?

これまでの自転車には、美やデザインの概念がありませんでした。1991年にスペインのバルセロナへ旅行したとき、ガウディの素晴らしい建築を見て、なぜ自転車にはそれがないのかと疑問に思ったのが自転車のデザインをはじめたきっかけです。また、自転車の操作やメンテナンスはとても複雑で、すごく壊れやすかった。多くの問題点があったから、それを再発明することは難しいことではありませんでした。

──どんな自転車をデザインしたいと思ったのですか?

まず、既存の自転車界のデザイナーとは組みたくありませんでした。それではこれまでと同じやり方しかできないだろうと思ったからです。わたしが声をかけたのは、マーク・ニューソンやロス・ラブグローブのような自転車業界から離れたところにいるプロダクト・デザイナーでした。彼らは、自転車という伝統的な乗り物に最先端のデザインとアイデアをもたらしてくれました。わたしの自転車ブランドBiomegaは、テクノロジー、倫理、そして美学を最適化することをコンセプトにしています。つまり、自転車に新しいテクノロジー、新しい倫理、新しい美学を取り入れるのです。

──具体的にどんなことでしょう?

テクノロジーといっても、単純に新しいテクノロジーを使えばいい自転車がつくれるというわけではありません。大切なのは、量ではなく質です。テクノロジーの作用には2つあります。ひとつは、魅力的なテクノロジーはデザインの推進力になるということ。イノヴェイションは、機能と型とテクノロジーの衝突から生まれるのです。もうひとつは、テクノロジーがデザインを実現する手段になるということ。結果的にそのテクノロジーは時代のパラダイムに浸透していくことになるでしょう。倫理については、クオリティの高いものをつくることに尽きます。

TAG

ArchitectureBikeCityDesignFuture CityPeopleIndexWIRED Conference

RIO:デザイナーのロス・ラブグローブが、自然の素材に着目して生まれたモデル。ブラジル産の竹を、デンマークで組み立てている。

──美学については、どう考えていますか?

昨今、スカンジナヴィアンデザインと呼ばれるものは、北欧でつくられているものでさえ、多くがその模倣品になってしまっています。誇張された、生気のないミニマリズムとでも言えばいいでしょうか。それは、偉大なデザイナーたちが築いてきたものとは異なります。素晴らしいスカンジナヴィアンデザインの多くは、家具をはじめとするインテリアデザインに根ざしていました。だからBiomegaは、その伝統を受け継ぎ、自転車にその息吹を吹き込んでいます。わたしたちは、都市景観のインテリアをデザインしていると言ってもいいのかもしれません。

都市の「移動する家具」をつくることによって、わたしたちが考える新しい都市観を浸透させているのです。Biomegaは、自転車と都市機能にソーシャルイノヴェイション、デザインシンキング、そして都市のライフスタイルをもたらしています。

──自転車は、都市に住む人々のライフスタイルをどのように変えると思いますか?

自転車は、もっとも効率的な通勤方法です。静かで環境にもやさしい。都市の中心部では、自転車はクルマよりも平均40%以上も速く移動できると言われています。しかも自動車よりも安いですしね。新しいクールなデザインの自転車の登場や気候変動、シェアリングプログラムの精神、それらの要素が重なることによって、人々が自転車の機能的利点に気づきはじめたのではないでしょうか。自転車は、都市の風景だけでなく、クールの定義やDIYに対する人々の姿勢、シェアリングサーヴィスに対するオープンなマインドなど、人々の価値観をはじめとするさまざまなものを変えつつあります。

PUMA MOPION:PUMA、KiBiSi、Biomega3社のコラボレーションから生まれたバイク。大西洋の島々からインスパイアされた色が特徴。

都市の未来を考える「WIRED CONFERENCE 2014」、10月10日(金)に開催!

今年のテーマは「未来の都市を考える TOKYOを再インストールせよ」。テクノロジーの視点から“未来の東京”“未来の都市”のあり方をとらえるべく、本記事のイェンス・マーティン・スキブステッドや、デンマークの気鋭建築家ビャルケ・インゲルス、WIRED初代編集長のケヴィン・ケリーら豪華な面々が登壇する。お申し込みはお早めに!

TAG

ArchitectureBikeCityDesignFuture CityPeopleIndexWIRED Conference