<フジサンケイクラシック 3日目◇6日◇富士桜カントリー倶楽部(7,437ヤード・パー71)>
 「(首位に)立ちましたって言うか、なっちゃった感じだな」。トータル5アンダーの4位タイからスタートした池田勇太がこの日“69”で2つスコアを伸ばし、トータル7アンダーでホールアウト。上位を争っていた最終組が軒並みスコアを落としたため、終わってみれば単独首位に浮上した。
プロデビュー大会で勇太が燃えた!パー4ワンオンで4位浮上
 最終組の1つ前でスタートした池田は1番、3番とバーディを奪って幸先よく滑り出すも、ここからが苦難の始まりだった。「チャッチャと行けるかと思ったら5番でボギーを打ってから、地獄のようなラウンドになった」。中々チャンスにつけられず我慢の展開が続くと、ハーフターン直後の10番では「ダメだとわかってるのにショートしてアプローチ寄らず、絵に描いたようなボギーだった」と嫌な展開に拍車をかけた。
 怒りのままに放った11番のティショットも左に大きく曲げてトラブル。セカンドはフェアウェイに脱出するだけ。ところが、放った約50ヤードのアプローチがワンバウンドして直接カップインして起死回生のバーディとなる。「これで流れが変わったから、このままおとなしく行こう」。しかし、波乱万丈のラウンドはここからが本番だった。
 フェアウェイバンカーにつかまった14番はバンカー内のライが悪く、グリーンをショート。15番パー5はティショット、セカンドと果敢に攻めたが肝心のバーディパットがカップ直前で切れてパーとしてさらにストレスを抱えた。
 極めつきは16番パー3。バンカーにつかまったボールの真後ろには石のような物体がピタリ。取り除くことができるか判断がつかず迷ったが、「何なんだ今日は…」と半ばあきらめ気味に打つと何とかピンに寄せてパーをセーブ。17番のバーディにつなげて「今日の内容で“69”は立派」とようやく息をついた。
 結果的に首位に立ったことには「1日早いよ」と苦笑いを浮かべたが、リーダーボードトップに名前を載せたことに悪い気はしない。明日へ向けてのゲームプランは明かさなかったものの、「どんなコンディションになるかわからないけど、2ケタ(アンダー)がかっこいいよね」とニヤリ。「自分が納得のいく勝ち方をしたい。何かしら目標を持って1番ティに立ちたい」。昨年苦しんで挙げた11勝目は涙にくれた。12勝目は勝ち方にもこだわって頂点を獲りに行く。
<ゴルフ情報ALBA.Net>