<フジサンケイクラシック 3日目◇6日◇富士桜カントリー倶楽部(7,437ヤード・パー71)>
 国内男子ツアー「フジサンケイクラシック」の3日目。全選手がハーフターンを終え、1打差の2位タイからスタートしI・H・ホ(韓国)が4バーディ・1ボギー・1ダブルボギーと出入りの激しいゴルフながら前半1つ伸ばし通算8アンダーで単独首位に躍り出た。
 2打差の通算6アンダー2位タイには池田勇太、岩田寛の2人。続く通算5アンダー4位タイにはS・H・キム(韓国)とプラヤド・マークセン(タイ)の2人が並ぶ。さらに通算4アンダーの6位タイには片岡大育と塚田好宣が続く。
 そのほかでは藤田寛之が通算3アンダー8位タイ。丸山大輔が通算2アンダー16位タイ。小田孔明が通算1オーバーで31位タイとしている。
<ゴルフ情報ALBA.Net>