日本代表、アギーレ初陣のウルグアイ戦から一夜明けて練習を実施

写真拡大

 日本代表は6日、キリンチャレンジカップ2014に向けた合宿6日目の練習を札幌市内で行った。

 前日にハビエル・アギーレ新体制の初陣で、ウルグアイ代表に0−2と完封負けを喫した日本代表。試合から一夜明けた練習は、ファンにも公開されて22人の全選手が参加した。

 練習は初めに4−3−3のフォーメーションで、プレスの確認を行うと、ウルグアイ代表戦の先発メンバーはクールダウンに移行。GKを除く他の9選手はパス練習やボール回し、クロスからのシュート練習を行った。

 9選手は練習の最後にコーチ1人を加え、GKを入れた5対5のミニゲームを実施した。

 日本代表は同日に移動し、9日に横浜で行われるキリンチャレンジカップ2014でベネズエラ代表と対戦する。