代表デビューのFW武藤嘉紀、次戦に自信「自分のプレーができる」

写真拡大

 キリンチャレンジカップ2014が5日に行われ、日本代表とウルグアイ代表が対戦。ホームでハビエル・アギーレ監督の新体制初戦を迎えた日本代表だが、前半にエディンソン・カバーニ、後半にアベル・エルナンデスの得点を許して0−2で敗れた。

 記者団の取材に応じた武藤嘉紀は、途中出場で「やってやるぞって気持ちでした」とするも「最初は少し緊張してしまって、硬い入りになってしまいました。普段やっている雰囲気とは違うものも感じました」と代表デビューの瞬間をコメント。「重みもありますし、軽はずみなプレーも絶対できないって立場だったので、気の引き締まる思いと緊張感、普段はあまり緊張しないんですけど、大分感じました」と語っている。

 またアギーレ監督から「特に指示はなかったんですけど、前にしっかり行って、攻守においていつもFC東京でやっている通りのプレーをしてくれればいいと言われました」と明言。さらにピッチに入った時、同じ左サイドの長友佑都から「とにかく仕掛けて行けってのは言ってました」とも明かしている。

 また、後半のポジション変更で戸惑いはなかったかと問われると、「自分としても前のポジションならどこでもできると思っているんで、戸惑いは正直なかったです」と自信を見せており、「負けている状態だったので4−4−2ですけど、まず前に前に行くってことは意識していました」と続けた。

 惜しくもバー直撃となったシュートについては、「その前にパスミスしてて、それを取り返そうと思ったところで、うまくインターセプトできたんで、置き場所も良かったですし。そのまま(打ちました)」と説明。「その前に、打てるシーンをトラップしてしまって打てなかったんで、次は決めてやろうという気持ちで打ちました。軌道はだいぶイメージ通りだったんですけど、入りませんでしたね」とも明かしている。

 武藤はウルグアイ代表との試合を振り返り「プレーの面でもう少しミスを少なく、自分で仕掛けるところだったり、自分の良さを出せればよかったと思います」と語っており、そこから「個人で打開することは求められると思うんで、そこで自分が仕掛けて行ったり、シュート打ったりだったり、ちょっと違うアクセントを加えられたらいい」と自分の良さを出すことを誓った。

 そして、次戦を見据えて「今日こうやって出させていただいて、だいぶ慣れたというか、自分のプレーが上手くできるってわかったので、次からは落ち着いて自分の良さを出せていけるんじゃないかなと思っています」と自信を伺わせている。

 日本代表は9日に、横浜国際総合競技場でベネズエラ代表と対戦する。