無得点を悔やむ途中出場の柿谷曜一朗「連係がもっと上手くいけば」

写真拡大

 キリンチャレンジカップ2014が5日に行われ、日本代表とウルグアイ代表が対戦。ホームでハビエル・アギーレ監督の新体制初戦を迎えた日本代表だが、守備のミスから失点を許し、0−2で敗れた。

 途中出場したバーゼル所属のFW柿谷曜一朗は、「(長友)佑都くんと左から崩せればよかったですけど、相手も2−0の中で体も動いていて、守備をしっかり固めていたんで、難しかったです。ああいう時間でもしっかり結果を残せればよかったですけど、残念です」と悔しさを滲ませた。

 前線でのイメージを問われると「オカさん(岡崎慎司)、(本田)圭佑くんのところで収まった時に、僕と武藤(嘉紀)でしっかりプッシュアップできればよかったし、もっと中に絞った時に武藤との関係がもっと上手くできればよかったかなと思う」と答え、「正直、初めての試合でも、もっともっと合わせていけたらよかったです」と課題点を挙げた。

「ただ、ミスからの失点は仕方ないと思う」と語る柿谷は、「それを僕らが取り返せなかったのが本当に残念です。次またすぐ試合があるので、しっかり準備したいと思います」と気持を切り替えた。

 日本代表は9日に、横浜国際総合競技場でベネズエラ代表と対戦する。