日本の新体制に驚くウルグアイコーチ「初めての選手が多かった」

写真拡大

 キリンチャレンジカップ2014が5日に行われ、日本代表とウルグアイ代表が対戦。ホームでハビエル・アギーレ監督の新体制初戦を迎えた日本代表だが、前半にエディンソン・カバーニ、後半にアベル・エルナンデスに得点を許した日本代表は0−2で敗れた。

 今回、背骨の手術を受け治療に専念しているオスカル・タバレス監督は来日せず、代わりにコーチを務めるセルソ・オテロ・キンタス氏が指揮を執っており、試合後、同氏が記者団の取材に応じている。

「非常に激しい試合になったと思う。両チームともいいプレーを見せた。私達は、結果というよりも内容に非常に満足して帰ります」と総括したキンタス氏は、日本代表を率いるハビエル・アギーレ監督について、「普段のスタイルは私達も知っていて、今日のような試合の展開になったことについては、特に驚きはなかった」と語った。

 しかし、「日本の選手についてはその多くが今回初めて目にする選手だったので、あまりよく知らないまま試合に臨んだ」と明かしており、さらに試合の中で驚いたことは「4バックが非常に安定した形でプレーしたということ。それと、本田のポジションが、これまで私達が見ていた場所とはだいぶ異なった場所でプレーしていたということ」を挙げている。

 この試合でのウルグアイ代表の選手たちについて、キンタス氏は「短時間で試合の状況にうまく適応してプレーしてくれたと思う」とし、「タバレス監督の考えというものをピッチ上で表現できたと思うし、そのことをとても嬉しく思う」と満足感を示した。

 ウルグアイ代表は次戦、8日に韓国代表と対戦する。