先発した酒井宏樹「すごくもったいない」…敗戦からの挽回誓う

写真拡大

 キリンチャレンジカップ2014が5日に行われ、日本代表とウルグアイ代表が対戦。ホームでハビエル・アギーレ監督の新体制初戦を迎えた日本代表だが、前半にエディンソン・カバーニ、後半にアベル・エルナンデスの得点を許して0−2で敗れた。

 右サイドバックで先発出場したハノーファー所属DF酒井宏樹は、「2日しか(練習で)合わせていない割にはうまくはまっていましたし、失点もあって、すごくもったいない前半になりましたけど」と、先制を許した前半の戦いを振り返り、「やられている部分もありましたけど、しっかり耐えてついていくことはできていた。すごくもったいないですし、もちろん、まだまだできた場面もあったんですけど、終わったことはもう仕方ないので、次に向けて頑張っていきたいと思います」と、話した。

 また、2失点目の発端となったヘディングでのクリアミスについては、「2点目の部分に関しては、やっぱり(0−1で)負けていたので、CKにしたくなかった。実際(クリアが)短くなったのは自分のミスなので、もう少ししっかり返せていれば、あれがカウンターの起点になったかもしれない。そこも本当に結果論ですし」と、回想し、「失敗は失敗、ミスはミス。自分はサッカー選手なので、しっかりサッカーで返していければ。ここで下を向かず、サッカーで返していければいいと思います」と、挽回を誓った。

 日本代表は9日に、横浜国際総合競技場でベネズエラ代表と対戦する。